FC2ブログ
転生したらスライムだった件を中心に、ドラクエ、エターナル・ラブ三生三世のコメント、感想など吐きます。
  • 10«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »12
2019-06-27 (木) | 編集 |
白蛇伝

夏空で日本初のアニメ映画の作成現場を見た。
懐かしいアニメであった。
あの作品を作るのにこんなにもご苦労があったと知った次第である。

いつだったか忘れたが以前に一度見たことがある。
東映のアニメは目に特徴があり横長卵形に小さな黒目なのだ。
シンドバットの冒険までそうだったと記憶している。

私はあの目が気に入っている。
いかにも東映アニメ映画とわかるし親しみがあるからだ。

さて内容はかなり忘れていたのでもう一度みてみた。
アマゾンプレミアムなら今でも見られる様になっている。

夏空では声の俳優は山寺宏一風だったが、実際は森繁久弥であった。
白蛇の方は宮城まり子である。
山寺宏一は年齢的にも無理だ、産まれてもいない。(笑)

良いアニメと思っていたがこれほどとは思ってなかった。
今でも通用するかなり良いアニメではないか。
再放映しても十分視聴率は取れると思う。(^^)v

アニメーターは薄給だったのですね。
徹夜までして身を削ってまで作ったのは情熱と熱意が溢れていたから。
それが夏空から伝わってきた。

でも健康に良くないね。
漫画家に短命が多いのは、ずっと机に向かって座ってるからかも。
30分に一度立って体を動かす様なことをしてるのだろうか。

これからもずっと長く活躍して欲しいので健康には留意してくださいませ。

コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: