FC2ブログ
転生したらスライムだった件を中心に、ドラクエ、エターナル・ラブ三生三世のコメント、感想など吐きます。
  • 10«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »12
2012-03-14 (水) | 編集 |
松岡圭祐著

洗脳試験

旧千里眼シリーズでいけば4作目にあたります。文庫本としては600ページを超えますので

少しばかり厚い方ですね。結構読み応えありました。今回は爆弾テロをモチーフにしていますが、

ホンダの二足歩行ロボット、アシモも題材にしています。こういう所は松岡圭祐の本領発揮です。

その時の時事ネタをちゃんと織り込むのです。だからエンタメでありながら現実に起きてるような

錯覚をします。

そういう心理的な見せ方、引きづり込み方は、彼の前の職業に由来してるようです。

ぐぐると、彼は小説家の前に臨床心理士をしていたそうです。

またTVに催眠術師として出演経験があるとのこと。

TVウケするような顔立ちをしてますね。よいしょしても何もでないですけど(^-^)

では本題に、、、、↓

BOOKカバーから

東京・奥多摩山中に忽然と出現した白亜の六角形の建造物。それは、主宰も目的も不明な

謎の自己啓発セミナー(デーバ瞑想チーム)のものだった。防衛庁出身の元国家公務員で

千里眼の異名をとるカウンセラー岬美由紀は、

そこに4000人の人質が捕らわれ、爆弾テロに脅かされていることに気づく。

その中核にはカルト教団教祖としてかつて日本を震撼させたあの女の存在があった。

岬の宿敵・友里佐知子は生きていた!制限時間500分。

増長する現実のテロリズム世界を超える、史上最悪爆弾テロ成立の可能性を描いたシリーズ。

感想

友里佐知子がどこかわからない、湿気のある地下で化粧

しながら優美に踊りふけっている。黒木瞳がそうしてると思えば

更に現実感を持って想像できますね。ウ・・ ウン(・д・`;)

クリスチャン・ディオールのルージュはゴールド・ベイジュ、

ミディアムにまとめた髪。

前下がりにレイヤーを入れ前髪を短かめにしてある。

紫のシルクのネグリジェ、ホワイト・ゴールドのブレスレットは

ペンダントと同色。

誠に敵ながら優美です。、、゚+.゚(*´∀`)b゚+.゚イイネェ

松岡さんは男の作家なんですがここまで詳しく

描写しています。

当時確かにクリスチャン・ディオールといえば

女性へのプレゼントでした。

彼にはそういった経験もあったかも知れないと

思いながら読むと一層面白い。(*´□`)ノぁぃ!!

さて、岬美由紀は遂に居所を探り当て友里佐知子と

対峙するがまたしても捉えられてしまう。

万歳直立不動の体制で水をかけられ、

口にガムテープを張られ、

机の上で爆弾を両手で支えて動けず、

2足歩行ロボットに全身をくすぐられます。

古代ローマにこのような拷問が

あったような気がします。(*゚Д゚*)ェ...

さてこのあとは、一体どうなるでしょうか、

また友里佐知子は逃げおおせるのでしょうか?

岬美由紀はどういう風に活躍するのでしょうか、

スピード感があります。

元F15イーグル・ドライバーだっただけに、、、たぶん(- -;)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
↑見終えたら押していただけませんでしょうか。(^-^)↑
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: