小説と音楽を携えて森を歩く
  • 04«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »06
2018-04-23 (月) | 編集 |
モーツァルトが亡くなって200年後に、
この曲をある人物に渡してほしい。

海 :そんな後の事なんてわからないだろう。
阿字野 :森の中にいる少年に渡して欲しいと言ったそうだ。
海 : えっ?
阿字野 :お前のことだ。モーツァルトはお前に託したのだ。ケッヘル280を!

このセリフに一瞬ブルっときちゃいました。

作り話にしても海への阿字野が見出したピアノの才能を推し量る上で
重要な言葉になっていると思うからです。^^;



この曲を海らしいピアノで弾くことが阿字野の求めたことだった。

雨宮修平が完璧に弾き、海は来週弾くことになる。

この曲ヤマハのアンプで聞いて見ました。
アニメだけどかなーり良い音ですね。^^

もしもっと良い、例えば5.1サラウンドなんかで聞いちゃうとどうなるのかな?

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: