FC2ブログ
小説と音楽を携えて森を歩く
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
2017-01-07 (土) | 編集 |
地球になった男

小松左京の地球になった男短編集の一編、「コップ一杯の戦争」を読んで。
これは時は米ソ冷戦時代に書かれたSF小説です。

ブラックユーモアのような、核戦争を風刺しているような一編です。

とあるスナックでハイボールを一杯飲んでいる間に米ソ間で戦争が始まり終わるお話。

戦争と言ったら誰でも手を止め緊張が走り、どうなるんだろうと不安に思うでしょう。

ラジオは演歌を流し、時折戦争の途中経過が織り込まれ、
お客はスナックで普通に会話を楽しみ、日常の光景が描写されている。

世界は戦争で苦しんでいるのに、日本はのんびり平和な日を楽しんでる。
平和ボケした日本との風刺にも取れるが、本当は・・・

今年一月に米国新大統領が就任します。

ドナルド・ジョン・トランプです。

日本の核武装を容認するような発言をし、後に否定して物議を醸してます。

また北朝鮮へは、来るなら話を聞いても良いと現政権と真逆の考えも示しました。

GDP2位の中国に対しては、早々と喧嘩を売っています。
ロシアへはどちらかと言えば好意を抱いてるようなので、
オバマ政権時のような対立は避けられそうな気はします。

GDP1位と2位の覇権争いは避けて欲しいと、
「コップ一杯の戦争」を読んで切に思いました。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: