FC2ブログ
転生したらスライムだった件を中心に、ドラクエ、エターナル・ラブ三生三世のコメント、感想など吐きます。
  • 10«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »12
2016-12-19 (月) | 編集 |


スターウォーズスピンオフ映画ローグワン。
字幕、日本語吹き替え、3D、4DXと4種類のスクリーンが用意されてました。
今回は字幕でじっくり見てきました。

が、今風の作りか流行りか展開は速くあっという間でした。

ストーリーは概ね知っていたので(当たり前か)キャストに注目です。
特にある人物に注目してたのですが、始まるとすぐ、あれ〜?

デススターの生みの親ゲイレン・アーソはどこかで見たぞ・・・
帰ったら調べてみよう。
そうそう、007カジノ・ロワイヤルの悪役ル・シッフルではないか。
ヒロイン、ジン・アーソの父親役を演じている。
家族思いの科学者なのだ。
なぜか彼の違う面を発見したようで嬉しい気がした。

注目していたのはドニー・イェン、盲目の反乱者である。
イップマン序章で見せたカンフーアクションは圧巻であった。
あのブルース・リーの師匠がイップマンとされている。
その主役のイップマンがドニー・イェンだった。

彼が予告編でその片鱗を見せたところに岬は強く惹きつけられた。
惑星ジェダでヒロイン「ジン」と反乱軍のキャシアンを助ける働きをする。
盲目なのにまるで見えてるようにストームトルーパーを倒していく。
フォースと共にと呟いてたのでジェダイではないかと思ったが、
そうではなかった。

後半戦のカンフーアクションも素晴らしかった。

個人的にはもっと彼の見せ場を作っておいて欲しかったのだが、
それではバランスを欠いてしまうのだろうと理解した。

良い意味で期待を裏切ったのがKー2SOであった。
帝国軍の人型ドロイドをリプログラミングして、今は反乱軍のドロイドになっている。

これがかなり良い働きをする。
3POみたいにベラベラ喋る訳ではなく、R2D2のように無口でもない。
人間みたいに喋る。そして、ここぞという所で活躍する。
風貌は何となくアトムザビギニングのアトムみたいだから親近感も湧く。
・・・
これアトムザビギニングの実写版に使えるかもしれない。
アニメは来春早々NHKで放送されるから、ハリウッドはどうかな〜♪ (笑)

大型戦艦デストロイヤーをぶっ壊すハンマーヘッドの威力を初めて見た。

ローグワンは見ごたえのあるSFアクション・アドベンチャー映画だと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: