小説と音楽を携えて森を歩く
  • 04«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »06
2016-10-12 (水) | 編集 |


マットデーモン主演最新作のハードボイルド・スパイアクション映画。
なかなか面白い映画でした。
シリーズとしては第四作になるがジェットコースター映画に仕上げ、
見るものを飽きさせないようにしてある。

見所はたくさんある。
適役のCIAヒットマンはヴァンサン・カッセルである。
あのオーシャンズ13に出てきた大泥棒なのだ。
敵の存在感が増すとボーンも際立つのである。

そして日本のCMでおなじみのトミーリージョーンズがCIA局長である。
今回のラスボスなのだ。
彼の風貌は日本の漫画に出てくる「御用牙」の剃刀半蔵が勝てなかった
鳥居 耀蔵に似ているような気がする。
強敵である。

装甲車が車を押しのけ吹き飛ばし逃げる様はどこかで見た気がした。
あのシンゴジラが海から川へ船を押しのけ、ふきとばし上がってくる所。
あのシーンとダブりますね。

そういえばどちらも4DXで観れます。
私は4DXをまだ観てませんがきっとあのシーンは椅子が動くのだろうと思う。

ヒット次第で次回作もあるのではないかと思いまする。(笑)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: