小説と音楽を携えて森を歩く
  • 04«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »06
2015-12-31 (木) | 編集 |
アテナ

未来を変えるということは未来を知ってる者しか言えません。
未来を知ってるのは予知能力者かタイムトラベラーくらいでしょう。

そんなことを想像しながら映画を3本見てしまいました。

金城武のリターナーとクルーニーのトゥモローランド、そしてターミネーター。

いづれもバカバカしいくらいエンターティメントに仕上がってました。

中でもトゥモローランドが一番良かったかなと思います。
ケイシーにピンバッジを与えたアテナが可愛かったな〜(笑)
アテナはアンドロイドなんですね。
良い演技してました。上の写真がアテナです。

さて未来を変えるってどういうことなんだろうか?
それが本日のテーマであります。

つまり未来は決して良いものではない、だから今を変えることによって、
未来をより良いものにする、ということが根底にあるわけです。

リターナーなんかエイリアンによって未来はガタガタにされちゃう訳だし、
トゥモローランドなんか、折角良い未来のはずが、
どうにもならない状況に陥ってしまう。
ターミネーターはロボットに席巻されてアウトの状況。

これ全て現代人への警告ですね。

このままでは未来はあきません!という訳でしょう。

実は映画を借りて今の世界にこのままでは滅亡しかないと誰かが警告してる?
そんな風に考えたらピンとくるものがありました。(笑)

日本で言えば1000兆円の赤字国債、平たく言えば借金ですな。
一世帯あたり約2000万円の借金だそうな。

勘弁してよ。

私そんな借金した覚えはありませんから〜(ギター侍ちゃいます。)

覚えがないところで使われていることが空恐ろしいですわ。
このままでは日本版ディフォルトになるぞ・・・
未来を変えるために安倍総理の登場です。

え〜国民の皆さん、未来を変えましょう。
このままではあきません!
消費税を上げて国の収入を増やせば未来は変わります。

公明党の言い分も聞かなあきませんので、低所得者対策として
生鮮食品の他に加工食品も税率を上げません。(えへん・・・といったかわかりませんが)
これで来年は消費税を10%にしますからよろしくお願いします。

足りない分はタバコとかお酒、高級品など、取れそうなところから取ります。

さあーみんなで未来を変えましょう!

無駄にジャブジャブ使うところを直さず、
取ることばかり考えることが未来を変えることかい。

映画では自分の身を犠牲にすることも顧みず果敢に挑戦することなんですけど。
赤字国債を発行できる法改正じゃなく、借金を返済する我慢の法改正が必要なのでは?

えらい経済学者
「君、経済音痴では困るよん。 お金はジャブジャブ使わないと
経済が上向かないんじゃよ。」


「はーーーそんなもんですか。ダメだこりゃ。」

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: