小説と音楽を携えて森を歩く
  • 04«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »06
2015-12-27 (日) | 編集 |
ついに今年最後の競馬の日がやってきました。

中山10R 第60回 有馬記念(GI)

JRA単勝人気はこうなっています。(12月26日21:45分発表)

1番人気 ゴールドシップ (4.1倍)

2番人気 ラブリーデェイ  (4.5倍)

3番人気 キタサンブラック (6.8倍)

4番人気 リアファル (7.3倍)

5番人気 ルージュバック (10.8倍)


ゴールドシップは2012年菊花賞を勝ち暮れの有馬記念1着馬です。
その後2013年、2014年は共に3着に甘んじています。
皐月賞馬だけあって中山コースは鬼の如し良く走ります。

ジャパンカップは凡走したけども1着馬と0.4秒しか差はありません。
大敗でないところが1番人気に押されている理由でしょう。
前々走の宝塚記念は大敗の15着です。

つまり余力を十分残しての参戦と見るわけです。
実力馬だけに照準をこの有馬に絞っていたとすれば前2走の成績は度外視できそうです。

しかし、この有馬記念を最後に引退するようです。
新聞では盛んに有終の美を飾るかと、ファン心理を煽る見出しが目に着きます。
G1馬の活躍しすぎた最後のレースはタイキシャトルのように、よくて3着どまりです。

ずっと活躍し続けた馬は走るのを嫌がるようになる模様ですよ。
だから馬主はレースに出すより種牡馬としての道を歩ませたく引退させるそうな・・・
実績のある馬は種牡馬の方がより稼ぎますからね。(笑)

だから良くて3着、着外もあると迷予想しまする・・・なんちゃって。

つまり1番買いづらい1番人気馬がゴールドシップということですな。
1番買いづらいから1着に来る可能性も否定できないわけで、
もし1着のケースなら、ヒモが荒れるはずです。

押さえ馬券でゴルドシップの1着と人気薄の馬を買います。

2番人気のラブリーデェイはどうか?
今年の中山金杯を勝ちあがって、京都記念、鳴尾記念、宝塚記念、京都大賞典、
天皇賞(秋)とG2、G1馬になっている今年の年度代表馬最有力候補です。
有馬を勝てば間違いなく年度代表馬になるでしょう。

ジャパンカップは惜しくも3着でしたが、力はまだ衰えていないと思います。
5歳馬の最も充実した時期での有馬記念ですから、明日の最後の締め切り時間には
1番人気に変わっている可能性十分です。

岬が最も注目している馬がラブリーデェイです。
来るならきっとこの馬じゃないかと大迷予想してまする。(笑)

もし足元を掬う馬がいるとすれば3番人気のキタサンブラックではなかろうか?
菊花賞馬が過去に何度か3、4番人気で優勝していますからね。
皐月賞は3着だったものの、セントライト記念では1着に来ています。
中山コースを得意としています。

ただね、岬の勘なんですが1着にはきそうな雰囲気がしましぇん、マジで。
盛んに新聞で煽ってますから、菊花賞優勝馬は怖いとか・・・
そういう前評判が盛んに流されてるケースは案外きてないのですよ。

誰もが忘れた頃に菊花賞優勝馬がサラッと参戦して、気がついた時に
中山のゴールを駆け抜けて、しまった・・・と思うわけですよ。
そういうケースならキタサンブラックの1着はあり得るのですが、
来るぞ来るぞ報道は、来ないが岬の大迷予想でつ、なんちゃって。(爆)

あと1着に来る可能性の馬は見当もつきませんです。

ラブリーデェイが今の所最有力馬と思うのですが・・・

あっ、思い出しましたですよ!

武豊のメジロマックイーンが有馬記念に参戦した日を。
天皇賞(秋)に岬は1着メジロマックイーン、2着プレクラスニーにして、
見事1点で当てたのですが、武豊の進路妨害でどん尻降着になり、
幻に終わった馬券がありました。(苦笑)
あれは悪夢でしたよ、本当に。

その後ジャパンカップで挽回するだろうとメジロから買ったのですが、
外国産馬のゴルデンフェザントとマジックナイトでメジロは3か4着に終わった。
しかし実力は如何なく発揮したので、次の有馬記念は1番枠のメジロから買いました。

脚色、伸びを見てもゴールの手前までは1着間違いなしと思われたのに、
あれあれと思う間に、鳴尾記念(当時は1600か1800mじゃなかったかな?)を
勝ち上がってきた松田優作(見よこの名優たちが当時の有馬のキャッチフレーズでした)
・・・もとい、ダイユウサク(5枠8番)に差されて、メジロは2着になったのです。

ダイユウサク買ってなかったのよね、悔し〜(小梅太夫か、笑)

ラブリーデェイがあの時みたいに2着に沈む可能性も否定できません。
今年のキャッチフレーズは何かしらん?
そこらへんがわかればなと思うのですが、中山競馬場のポスターを
隈なく探してみようかしらん・・・なんちゃって。(笑)

さて岬の大迷予想は1着ラブリーデェイ、2着、3着はキタサンブラック、
か?もしくは人気薄の勝ち上がってきた上昇馬としておきます。

それはアルバートやゴールドアクターあたりかもしれませんよ?
または牝馬のマリアライトかルージュバックあたりも人気薄の2着は
あり得るかもしれません。

ただ今年はテロでフランスが大きな被害にあってますから、
ルメールやデムーロ、ボウマンジョッキーの馬も押さえておいたほうが無難なきも?

アルバートはアッゼニが乗っていますので人気薄で書いた通りです。

馬連ならラブリーデェイから、

キタサンブラック、アルバート、ゴールドアクター、サウンズオブアース、
トーセンレーブ、リアファル、ルージュバック、マリアライトの
8点買いでしょうか?

8点は多すぎますか?
なら、えいやでトーセンレーブとマリアライトの2点に絞り込みまする。

あとは来た時の保険でちょろっと押さえておきましょう。
損しない程度に。(爆)

岬の大迷予想結論。

頭にラブリーデェイ、
トーセンレーブとマリアライトの2点。


あとは好き好きでちょろっと押さえておきましょうね。

楽しみだにゃ〜〜〜(人´ω`*)♡

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: