FC2ブログ
転生したらスライムだった件を中心に、ドラクエ、エターナル・ラブ三生三世のコメント、感想など吐きます。
  • 10«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »12
2012-03-29 (木) | 編集 |
松岡圭祐著 

メフィストの逆襲

千里眼シリーズは理屈抜きに面白い。エンターティメント小説に入るのではないか。

前回旧シリーズの千里眼、第一巻から第四巻を紹介したがこのシリーズはどこから読んでも

良いことになっている。いつでも岬美由紀は28歳だからだ。

今回は北朝鮮の工作員とマインド・シーク・コーポレーションのメフィスト・コンサルティング

が登場し物語が進んでいく。

日本海岸で父親の目の前で、13歳の少女が忽然と姿を消した、ところからはじまる。

一方北朝鮮の不審船が出没しているところから疑いの目をそちらに向けることになる。


しかし、陰で暗躍するのは決まってマインド・シーク・コーポレーションである。

彼らの特技は世間に知られず、対象者にも知られず、

いつのまにか彼らが望む方向に誘導してしまう、

そういう訳で証拠も残らないのだ。今回どうにも憎めない「ダビデ」という幹部が登場する。

今回の岬は中国工作員に手玉に取られ、いつもの精彩を欠くことになる。

彼女の弱さが前面にでる格好で私としては欲求不満になるところです。

これ以降岬の弱さを見せる作品がどんどんでてきます。

まるでプロレスの試合を見てる感じもしますね。

それを狙ったのではないでしょうがスーパーヒーローでありながら、

女性としての弱さもある所を読者に見せ親近感を持たせようと、

作者は書きたかったのではないかと思います。

さてあの突然消えた少女はどうなったのか、犯人は果たして工作員が絡んでいるのか、

マインド・シーク・コーポレーションなのか目を離せません。

続きは小説で確認して下さいませ~♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
コメント:
この記事へのコメント:
松岡っていうのみて

「修造…ぁ、すいません」

と素で言ってしまった…w
2012/03/29(木) 17:00:42 | URL | Knyaight #-[ 編集]
Re: タイトルなし
> 松岡っていうのみて
>
> 「修造…ぁ、すいません」
>
> と素で言ってしまった…w
圭祐より修造の方が知名度あるから

普通そうでしょう。w

圭祐も相当稼いでるようですよ。(笑)
2012/03/29(木) 22:27:32 | URL | レスリーノ岬 #-[ 編集]
p( ̄∀ ̄)q
アクセス数も8ではなくなりましたね(笑)
結構ですお~♪

2012/03/29(木) 23:31:53 | URL | たいまっつぁん #RpRZ5X7E[ 編集]
Re: p( ̄∀ ̄)q
> アクセス数も8ではなくなりましたね(笑)
> 結構ですお~♪
ボチボチでんな~♪

皆さまのお陰でやんす。(^_^)
2012/03/30(金) 00:11:00 | URL | レスリーノ岬 #-[ 編集]
コメント:を投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: