FC2ブログ
小説と音楽を携えて森を歩く
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
2015-07-28 (火) | 編集 |
まさ

パーフェクトブルーを読んだ方はすぐにあれかとわかるでしょう。
ジャーマンシェパードが一人称で書かれたミステリー探偵小説なのだ。
パーフェクトブルーの第二弾の様な小説である。

警察犬を引退したシェパード「マサ」が蓮見探偵事務所で活躍する。
相棒は蓮見所長の娘(長女)加代ちゃん、短大を卒業して探偵稼業に入る。

マサは人語を話すわけではないが、要所要所で一人称で語るため、
読者に彼の考えがわかる仕掛けなのである。
これが「読んでいて大変面白い」のだ。

この小説は五つの短編で構成されている。
そのひとつ「心とろかすような」の出だしに吹き出すようなマサの話がある。
諸岡進也(バー・ラシーナのアルバイト)と糸ちゃん(加代の妹)が
ホテルから朝帰りしたところから始まり、あらぬ疑いをかけられたところである。

そこでマサが諸岡進也について語ったことである。

(「俺だって好きで揉め事を呼んでるわけじゃねえって」と、
あの口の減らないガキめは反論するだろう。
が、事実は事実である。
進也というのは、乗車率200%の満員電車の中で、
わざわざマル暴さんの足を踏んでしまうタイプなのである。
しかもロンドンブーツを履いて。)

まるで事を起こすタイプは進也だと断じているではないか。
これが犬の言う事かと思うと笑わずにいられません。ハイ。^o^

白鳥家の心とろかすような少女の笑顔は悪意があったのかどうか。
普通の人なら結果がわかるまで、そんなことわかりませんね。
騙される人は人が良すぎると言われますが、大抵の人はそんなもんです。

「てのひらの森の下で」はマサが犯人を気づかず後頭部を殴られ気絶するのですが、
「犬も歩けば棒にあたる」例えなんでしょうか・・・
そんな事も亜るのですかねー。鼻も耳も敏感な犬がね〜・・・
これも人の良さに付け込んだ犯罪なんです、もとい、犬に付け込んだ?

岬が気に入ったのは「白い騎士は歌う」です。
姉想いの弟が薬物中毒の女性を助けようとした一途な心意気。
その弟を我欲のため殺されてしまう。
ああ、なんて酷い、この世は無情なるかな・・・
宮部みゆき、泣かせるところも心得ているようです。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: