FC2ブログ
転生したらスライムだった件を中心に、ドラクエ、エターナル・ラブ三生三世のコメント、感想など吐きます。
  • 08«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »10
2015-04-21 (火) | 編集 |


インターステラをレンタルDVDで早速見ました。
ラストは荒唐無稽でちょっとなーと思いましたが、SFの真骨頂と思えば許容範囲です。
プロローグのシーンをしっかり見ておけば、ラストシーンにつながっていることがわかります。

USの映画はプロローグがとても重要な意味を持ってますからね。
スタートレック・ファンなら言わずともわかる事なので、
ちと、老婆心ながらいっちゃいました・・・老爺心か。(爆)

地球は劇的な変化で死に掛けているんですよ。
小麦が駄目になり、あれもこれも、残るトウモロコシも病気になっていた。
あらゆる植物がそんな状態なので、酸素を供給するシステムが壊れてしまった。
このままでは地球は死滅するしかない。

これは困ったことですよ。
地球を救う事が駄目なら、人類が住める惑星を探すか、
宇宙コロニーを作って、そこへ人類を移住させるしかない。

どちらにしても重力の謎を解く必要がある。
その方程式を解いたのがブランド教授 -(マイケル・ケイン)、
そう、バットマンやセンターオブジアースに出演した味のある名優です。
監督はバットマン・ダークナイトのクリストファーノーランなので納得です。

アン・ハサウェイがクルーとして花を添えてます。
ディズニー映画のの看板娘です。
最後クーパーとどうなるんでしょう?
こういう終わり方はいいなーと思ってしまう。

さて、これは死滅する地球と移住すべき惑星探しを舞台にした、
父、クーパーと娘、マーフの人間ドラマとみたほうが良いでしょう。
SF愛好家は父と娘を軸とした、宇宙ものとみちゃいますが、それは私です。(笑)

マッドデーモン(マン博士)が移住先の惑星を調査するリーダーとして、
登場しますが、完璧に足を引っ張る役です。
名優が脇を固める映画は見ていて安心しますね。

マーフが父をとめる、いかないで、という言葉は娘を持つ私に強く響きました。
見る価値のあるSF映画と思います。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: