FC2ブログ
転生したらスライムだった件を中心に、ドラクエ、エターナル・ラブ三生三世のコメント、感想など吐きます。
  • 08«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »10
2015-04-19 (日) | 編集 |
明日、いや今日か。
皐月賞で1着に来る馬はこのうまでなかろうか?

?をつけるのは全く自信がないのである。
桜花賞反省会をその前にしておかねばなるまい。
1着に予想した馬が掲示板にも、のらなかったのだ。
(小梅太夫風に言えば、ちくしょう〜♪である。)

ココロノアイ(横山典騎手)を前日から決めていた。
(過去の経験からこう決めた馬は1割も来ていない、一抹の不安はあった。)
2着候補はルージュバック、その隣のクリミナル、そしてキャットコイン(柴田善臣騎手)。
ルージュバックがこけたら同枠の馬クリミナルがくる確率は能力から極めて高い。

3着候補は1枠1番のコンテッサトゥーレ(ルメール騎手)、クイーンズリング(デムーロ騎手)、
テンダリーヴォイス(福永騎手)、アンドリエッテ(川田騎手)。

当日阪神の1R〜10Rの結果を見たら1R,2R,3Rに全て15番が3連単で絡んでいた。
第75回とあるように15が今回の平場のラッキー馬番のようだと認識した次第である。
その馬番がココロノアイなのだ。
普通なら当然警戒しなければいけないのに、
前日に固く決めていてしまったので決意を変えることができない。
15番はラッキー馬番できますよー、なんてそんな甘いものではない。
なのにね、不安を抱えていて、他の馬に目配せできないとは情けないです。

2着3着は読み通りにきたのだが1着を外してはどうにもならない。
せめてワイドで押さえておけばよかったと思っても後の祭り。
ルージュバックは2倍を切る1番人気になっていた。
こういう馬は過去の経験から、よほどの怪物でない限り人気を裏切る。
内心しめしめと思ってもいた。

レッツゴードンキはチューリップ賞で2着候補にしたが3着と案外だった。
期待した馬が来ないと次のレースはどうしても軽視してしまう。
重馬場が苦手と思っていたら検討対象に入っていたのだが・・・(後の祭り、悲)

結果はレッツゴードンキ、クリミナル、コンテッサトゥーレで3連単は20万円馬券である。
(おーい、1着をココロノアイと変わってくんない?・・・それはないか、苦笑)

ちなみにキャットコインは滞在していたのにもかかわらずマイナス12キロであった。
これも大きな不安なのに前日に決めてしまうと変えられないのよね〜。

ということで皐月賞は、検討馬を候補対象に止めておいて、
着順は当日ギリギリに決めることにした。
馬体重もあるしね。
あまりにもこの馬が来ますよ的な予想は、大体危ない。

レッツゴードンキみたいにあまり目立たないのが来る傾向が高い。

その反省を踏まえて、皐月賞は1着の検討馬は以下の3頭にした。
リアルスティール、サトノクラウン、3頭目は当日インスピレーションにあがった馬。
(当日の馬体重でこの2頭は消すかもしれない、柔軟性も必要である。)

2着候補は1着候補に加えダノン2頭が臭いと睨んでいる。
それを外したら浮上するのが恐らくベルーフかな・・・自信ないけど。

3着候補は、以上の馬に加えキタサンブラックかしらん。
あとはイメージが浮かばん。
これでも3連単は120通り位の組み合わせになってしまう。

4頭に絞ることが岬流なのだが当日絞れるかどうかにかかっている。

心の中ではリアルスティール、サトノクラウン、ダノンのどちらかと、
もう1頭なのだが、それがまだ見つからない。

当日の神の声を待つしかない。
ヒントは必ずある。
平場のレースの1Rか特別の10R、或いは・・・

3連単は軽く流して馬連勝負といこうかな〜(笑)
リアルスティールを頭にダノン2頭、押えでサトノクラウン、ベルーフなんて
どうかしらん。


結果、今回はとりましたと報告できたらいいな〜、なんちゃって。(笑)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: