FC2ブログ
転生したらスライムだった件を中心に、ドラクエ、エターナル・ラブ三生三世のコメント、感想など吐きます。
  • 08«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »10
2015-04-13 (月) | 編集 |
バイオレンスジャック


一区切りがついたところでブログを再開したいと思います。
このところ昔のコミックを漁り読みしてました。
そのうちの一つにこのバイオレンスジャックがあります。
永井豪の好きな作品のひとつです。
彼の作品に「網走一家」、「酒呑童子」、「魔王ダンテ」など
岬の愛する作品はつきませんが、バイオレンス・ジャックは何故か任侠に通じる面があり、
一度取り上げてみたいと考えておりました。

あの関東地獄地震で本州と切り離されたエリアに生きる人々のドラマを描いた物語です。
知ってる人は年々少なくなっているような気がしますが、リマインドも兼ねて、
あの名場面(岬が特にそう思う)に、感想を述べてみたいと思いました。

登場人物は多彩ですね。
エルドラド編では身堂竜馬や早乙女門土(学園たいくつ男)が登場しますし、
キューティー・ハニー達が出てくる編もあります。
最後はデビルマンの世界観と融合し終わってしまうのですが、
そこに至る途中のストーリーが飽きさせなくて、コミックの枠を超えていると思います。

さて特に岬の気に入っているシーンはスラムキングと戦ったシーンです。

スラムキングは関東地獄地震の後に関東エリアを牛耳っている悪の王です。
彼の持つ武器が超ヤバイ刀で「斬馬刀」といいます。
戦国時代に馬を一刀両断するために、刀鍛冶が心血注いで創った名刀です。
2メートル近くあり、腰にさせないため大男に応援団機を持たせるような形で、
帯同させたとあります。

その長くて重たい刀を、まるで羽ペンのように軽々と操ったのがスラムキングです。
どんだけ力があったか想像できますね。
対するバイオレンス・ジャックは2メートルを超す大男で、咆哮はゴリラかライオンのようで、
目はワシのように鋭く、歯はサメのように鋭く、腕力はスラムキングと同等ではないかと・・・
しかしながら、確かめようもなく、それはこの一戦で判明するのかと、固唾を飲んでましたが、

バイオレンス・ジャックの武器はナタ以上に大きいジャックナイフです。
一振りすればライオンの首も一刀両断です。
破壊力は凄まじいものです。

「斬馬刀」と「ジャックナイフ」の激突は、それは物凄い迫力でした。
永井豪の渾身が込められていたと思うシーンです。
あの一戦はバイオレンスジャックの中で一番のシーンではないかと思います。

結果はスラムキングの勝利に終わりました・・・え?違う・・・
スラムキングは筋肉の膨張を防ぐ仮面をジャックナイフで割られて戦闘不能になったから?
確かにそうですね。
あれで戦闘不能になったから負けと当時は思ったものですが、読み返してみて、
あれはバイオレンス・ジャックの負けと考え直したのです。
負けるが勝ち?
違いますよ。(笑)

スラムキングは仮面を割られる前に、ジャックの片腕を「斬馬刀」で切り落としてます。
その片腕をジャックが口で咥えてるシーンが度肝を抜かされたシーンです。
やはりあれはジャックの負けですよ。

あの片腕を永井豪は、その後どうするのかみていたのですが、
どうも彼はすべて神と悪魔の世界に結びつけて、面白くなくしてしまったような気がします。
そこがね〜〜惜しいな・・・。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメント:
この記事へのコメント:
( ̄▽ ̄)
そうそう、あの関東の決闘は世界最大の決闘でしたね
片腕を切り落とされたバイオレンスジャックで終わりましたが
漫画ゴラク版として連作復活。
もう漫画ゴラク版はある意味別物、別世界でいいんじゃないでしょうか?
ジャックがデビルマンと世界が融合するアイデアは豪ちゃんは乗り気だったんですが、それを故 石川賢ちゃんに話したところ
彼は猛反対したらしいですね。
デビルマンもバイオレンスジャックも好きだっただけにって事らしいです。
しかし、あそこまで話を広げた以上、あれくらいしないと終わらせられなかったって感じもしますねぇ。
ええ。

2015/04/16(木) 07:51:12 | URL | たいまっつぁん♥ #RpRZ5X7E[ 編集]
Re: ( ̄▽ ̄)
> しかし、あそこまで話を広げた以上、あれくらいしないと終わらせられなかったって感じもしますねぇ。
> ええ。

そうなんです。
話をひろげすぎたんですね。
ああでもしないと切断した腕を繋げなかったんですよ。(笑)
2015/04/18(土) 23:16:00 | URL | 岬 #-[ 編集]
コメント:を投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: