FC2ブログ
転生したらスライムだった件を中心に、ドラクエ、エターナル・ラブ三生三世のコメント、感想など吐きます。
  • 10«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »12
2014-08-05 (火) | 編集 |
最近街中で化け物屋敷が流行っているそうな。
花やしきにも化け物屋敷があり孫と行ってきました。
孫は終始怖がって顔を上げる事ができなかった。

子供にとって化け物は恐いのである。
小さいとき父に連れられて四谷怪談を見に行った事がある。
特に印象に残っているシーンは、
行灯の薄明かりの下、水が半分張られたタライの中に
小岩さんの着物が浸されており、青白く艶かしく浮いていたそれが
下から起き上がるようにプクーっと膨らんだ光景である。
あの怖さは今も覚えている。

小岩さんは殺されて実態がないのは子供でも判る。
実体のないものはどうやっても退けられない。
そこが子供心に怖かったのだと思う。

テレビで最近放送した呪怨を見た。
これはまた別な意味で怖かった。
人の怨念が強いとそれに触れた人が取り殺されてしまうのだ。
そして非業の死を遂げた人こそ、怨念が強く残るらしい。
これはあくまでもドラマの話だが全くの作り話とも片付けられない。
そこがまた怖い。

さてそう思った時この化け物の正体はなんだろうと考えた。
霊、怨霊、霊魂、生き霊・・・実体のない禍々しいエネルギー?
そう考えていた時昔読んだ石森章太郎の漫画を思い出した。

原作:平井和正、画:石森章太郎の「幻魔大戦」
地球を幻魔の配下に置くべく使わされた先兵、ゾンビーとザメディー。
彼らに手こずった東丈が迎えた恐るべき地球侵攻の司令官シグ。
物質変換の能力があり、惑星一つ消し去る力がある。
超高熱「ノバ」と絶対零度の二つの能力を身につけた東丈でさえ
シグには脅威でなかった。
幻魔

そのシグを畏れさせたのが東丈の姉、東三千子なのである。
東三千子は早い段階に幻魔の先兵に殺されてしまった。
しかし姉の弟を守ろうとする強い思いが強敵シグを恐怖せしめた。

東丈を消し去ろうとしたシグを一時撃退したのが、

彼女の 「残留思念」

実体のない強烈なエネルギーがそれだ。
ある条件の時にだけ作用する。

霊とか怨念とか化け物幽霊は「残留思念」なのではないかと思うのだ。
ゴジラ映画にも、ゴジラは残留思念だとする説まであった。

専守防衛のみに働く「残留思念」ならウェルカムだが
集団的自衛権でも作用する「残留思念」は願い下げだ。

そういう邪悪な意思を持つ者は少ないとは思うがオンネン・・・(・´艸`・)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
コメント:
この記事へのコメント:
p( ̄∀ ̄)q
お懐かしい、幻魔大戦!
あの漫画の続きが見たかったナー。
小説幻魔大戦が出てたのでたくさん読んだけどやはりあの続きとは言い難い内容でがっくりしました。
でも、よく考えたら残留思念の姉さんも超能力で対抗すれば勝てたのではないか?って最近思うんですよ。
幻魔のシグが経験不足だったのではないか?って。
まぁ、話が長くなるので本日はこのへんで(笑)

2014/08/07(木) 16:14:20 | URL | たいまっつぁん♥ #RpRZ5X7E[ 編集]
Re: p( ̄∀ ̄)q
> お懐かしい、幻魔大戦!
> あの漫画の続きが見たかったナー。

小説は宗教臭くなっちゃって精神世界へ行っちゃいましたね。
昔の原作者は着地点を思い描いて書いてないような気がします。
よく言霊が降りないと書けないとおっしゃってましたから。
敵が巨大過ぎて落とし所を見失った感じがします。
(苦笑)
2014/08/07(木) 21:57:52 | URL | 岬 #-[ 編集]
コメント:を投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: