FC2ブログ
転生したらスライムだった件を中心に、ドラクエ、エターナル・ラブ三生三世のコメント、感想など吐きます。
  • 10«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »12
2014-05-31 (土) | 編集 |
         エンド・ゲーム
恩田陸の常野物語最終巻がこの本である。
読み終えて真っ先に浮かんだのが「昼ドラサスペンス」だ。
幸せな家庭生活が夫の突然の失踪で苦労の連続。

死んだものと思っていたが、ある日突然生存の可能性の知らせが
舞い込む。
そこから母子が父親探しの日々に変わって行くが、
母親が意識不明の状態になる。

不思議な現象や出来事が娘時子の行く先で起こる。

この一家は言わずと知れた常野一族であり、
父は一族最強と言われた「裏返し」の力を持つ。

母の意識を回復させるには、
常野一族のある人物の力が必要だった。

「洗濯屋」と呼ばれ、人の意識を真っ白に消してしまい、
新しい記憶を植え付ける力を持った男である。

そしてクライマックスに近づくと父と母の真の関係が
判明する。
一族同士の結婚は力を増幅するため禁じられていたが
愛するあまり禁を破ったと言っていたが実は
父が敵である母を裏返し、
一族の一員として娶ったのが真実と判る。

父の失踪の原因はそれを知られないようにするためだった。

作者は解説でSFサスペンスを書きたかったと言っている。
前の常野一族とは独立した形で書いたのでどの本から
読んでも良いとのこと。

「昼ドラサスペンス」と感じたのは強ち外れてないようだ。

今まで「裏返す」力が漠然として腑に落ちなかったが
ある程度形が見えてきたように思える。
相手の意識を180度変えてしまう力なのだと。

しかし敵とは誰なのだろうか?
本に寄れば「シダ」のような植物が生えていたり、
メタリックのような姿形をみせたりするらしい。

更に敵も似たような力を持ち、一瞬で裏返されたりもする。

味方は常野一族だが、敵はどんな勢力なのだろう?
本中では常野一族は全て力を失い相手の勢力になれば
もはや争いは無くなり幸せになると言っている。

「洗濯屋」はそれが狙いらしい。

このようなシナリオ・ストーリーはドラキュラや
惑星移住者で過去にあった。

自分のアイディンティーが失われ、
新しい生物として生きて行く幸せ。

仏教では全てに仏生がやどり、
全てはひとつという悟りがある。

と同時にあるがままで完全無欠という教えもある。

個を出しすぎると我が強いといわれ、
同調しすぎると隷従、服従だとそしられる。

年々生きにくい世の中になってきたと感じるのは
年のせいだろうか?
それとも敵の勢力が日増しに大きくなってるのか?

自分の力が日に日に弱まっているのだよ・・・

それを言っちゃお終いよ、
と寅さんが天国から言ってるかも知れない。(笑)

作者は常野物語はまだまだ続くと言っていたが
続きは出てましたっけ? 恩田陸先生!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
コメント:
この記事へのコメント:
( ̄▽ ̄)
ネタと関係ない話ですいません(笑)
X-MENフューチャー・パストを観てきたもので
面白かったよ~って
言いたくて(笑)
すいません
(^∀^) ぎゃははは
2014/05/31(土) 19:17:46 | URL | たいまっつぁん♥ #RpRZ5X7E[ 編集]
Re: ( ̄▽ ̄)
> ネタと関係ない話ですいません(笑)
> X-MENフューチャー・パストを観てきたもので

それ私も見に行くつもりです。
面白そうだよね。(笑)
2014/06/01(日) 20:59:47 | URL | 岬 #-[ 編集]
はじめまして
私は「読書ログ」という読んだ本の管理やレビューを書くサイトの運営をしています。

ブログを拝見したのですが、ぜひ読書ログでもレビューを書いて頂けないかと思い、コメント致しました。

トップページ
http://www.dokusho-log.com/

こちらでメンバーたちのやり取りの雰囲気がご覧になれます。
http://www.dokusho-log.com/rc/

また、本を本棚に入れていくだけでグラフが作れます。
http://www.dokusho-log.com/profile/dokusholog/

読書が好きな人同士、本の話題で盛り上がっています。
もしよろしければ遊びにきて頂ければと思います。

よろしくお願い致します。
2014/06/04(水) 13:28:41 | URL | 読書ログ #-[ 編集]
Re: はじめまして
> 私は「読書ログ」という読んだ本の管理やレビューを書くサイトの運営をしています。
>
> ブログを拝見したのですが、ぜひ読書ログでもレビューを書いて頂けないかと思い、コメント致しました。

訪問ありがとうございます。
最近なかなか時間がとれません。
時間がとれましたら訪問させていただきます。
2014/06/06(金) 00:21:28 | URL | 岬 #-[ 編集]
ご返信ありがとうございます。
お時間のある時にでも、ぜひ遊びにいらしてください。
スタッフ一同、お待ちしております。
2014/06/11(水) 13:18:34 | URL | 読書ログ #-[ 編集]
コメント:を投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: