FC2ブログ
転生したらスライムだった件を中心に、ドラクエ、エターナル・ラブ三生三世のコメント、感想など吐きます。
  • 10«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »12
2014-01-23 (木) | 編集 |
都知事選の候補者が出揃った。
実質舛添氏、宇都宮氏、細川氏、田母神氏の戦いでしょう。
此の中で注目株は舛添氏と思っていた。
年齢、経験、リーダーシップ、見識、決断力など考えれば
頭一つ抜きん出ている・・・と思っていた。
不安材料は都議会や自民党がバックにつくことである。
いかな舛添氏であっても政治は一人じゃできない。
どうしてもバックの意向に操られてしまう。
それが政治なのだ。
都民の願いを受けた議員、つまり一部の有力者に左右されない
舛添氏に同調する議員が多数いるかという事が重要なのである。
TVマスコミの報道を見る限りでは残念ながら、いない。
利権に基づく政治を余儀なくされるのが目に見えている。
それが私の舛添氏に関する率直な見方である。

そこへ持ってきて原発のスタンスに失望した。
直ちに0にできないとか、経済を考えれば簡単に出来ないと言う。
原発を無くす方法論より、原発を止めるか、継続するかを
問われている。
止めると言えないのは継続と同じなのだ。
自民党都議会議員や自民党議員と同じ考えなのである。

真っ先に都知事から脱落である。

次に田母神氏。
私自身田母神氏は右寄りが強いと日頃感じている。
自衛隊出身だからかもしれないが国防しか頭に無い、
そのような印象しか無い。
もちろん今のままで国防は良いとは思わないが
国防ばかりの人が都知事に相応しいとは到底思えない。
また支援者に永遠の0の作者の百田先生がいるのに驚いた。
百田先生は戦争肯定論者ではなく、
国防論者であることはつとに有名である。
その考えで支援者になったのであろう。
だからと言って作家の価値が下がる事はない。
いい小説はどこまでいっても良い小説なのである。

田母神氏の原発発言にはぎょっとした。
この人はどこの国の人なのだろうかと我が目を疑った程だ。
原発で死んだ人はいない???
何μシーベルトは体にいい???
・・・???????
いうベキ言葉も見つからない。

宇都宮氏、
前回の選挙で彼の実力はある程度わかったと思う。
人間的には信頼できる人なのであろう。
政策についても都民よりで好感は持てるものの、
何故かインパクトに欠ける。
政治家タイプでないのだ。
力強さも感じられない。
近所の善良な爺ちゃん・・・そんな印象になってしまった。

仮に都知事になったとして都議会を向こうにして何ができるか?
やりたい事はみな棚上げにされて終わってしまうのではないか。
もっとも、それを言っちゃ御終いよと言われそうだが。

最後は細川氏
消去法で残ったのが唯一細川氏である。
オリンピック、原発政策、etc
ベストではないがこの中では許容範囲と言っておこう。
しかし彼にも不安材料はある。
また途中で投げ出さないかという事である。
自民系の多数の議員を相手とり、自らの政策を
押し進めることがどこまで出来るか。
この一点だろう。
当然バーターもでてくるだろうし、利権もある程度は
目をつぶらざるを得ないだろう。
そこをマスコミに叩かれても最後までやりとおせるか・・・
難しいだろうね。

政治は清き一票で選挙するものであるが
実際の政治はそんな奇麗毎ではないことは
わかりすぎるほどわかっている。
皆から集めた税金をどう使うかなのだから
右も左も真ん中もあるのだ。
そして八方美人にはなれない。

都民はどういう知事を望むのだろうか?

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: