FC2ブログ
転生したらスライムだった件を中心に、ドラクエ、エターナル・ラブ三生三世のコメント、感想など吐きます。
  • 10«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »12
2013-09-30 (月) | 編集 |

http://www.tbs.co.jp/partner_tbs/
このドラマの事を知ったのはほんの2、3日前でした。
100年前日本とベトナムの間にこんな出来事があったとは露知りませんでした。
即録画モードにしてドラマを見ています。
ファンと浅羽の国境を越えた信頼と友情の物語です。
結核を患っている浅羽はファンに自分の生き甲斐を見いだせたのでしょう。
海賊と呼ばれた男の出光社長と日田重太郎の関係に似ています。
浅羽にとってもファンにとっても男冥利に尽きる、
そんな風に感じました。
久しぶりに胸が熱くなるのを感じました。
たとえ世界が見放しても浅羽は味方だと言った言葉に
ことの外親近感を抱きました。
国家と国家を超えて、人と人が築き上げる信頼関係こそ
一番重要と思えるのです。
ベトナムに限らず、隣国や遠い大陸の人達と利害を越えて
仲良くしていける筈です。
その輪がいづれ広がり国と国の信頼関係に発展して行く事を
切に願っている一人です。

そしてもうひとつ、何故このドラマを注目したか。
十朱幸代が出演していたからです。
大ファンなのであります、てへ(^^;)
役柄の所為か地顔か知りませんがシワがかなり目立っていました。
お年を召してますので本物のシワでも驚きませんが
目が奇麗ですね〜少女のような目をしています。
いつまでもお元気にドラマに映画に頑張って頂きたいです。

いつかベトナムにも行きたいものです。
中国の大連にも行きたいのですよ。
それからあのサウンドオブミュージックの丘へも・・・

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: