FC2ブログ
転生したらスライムだった件を中心に、ドラクエ、エターナル・ラブ三生三世のコメント、感想など吐きます。
  • 10«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »12
2013-06-28 (金) | 編集 |
ボイジャー

今日ニュースで、36年前に打ち上げられた米探査機「ボイジャー1号」が、太陽系の最も端の領域に達したとみられると、米航空宇宙局(NASA)が27日、米科学誌サイエンスに発表したことを知った。
何故か懐かしい思い出が蘇ったのだ。ボイジャー1号が打ち上げられたのが1977年9月5日。2号より15日余り遅れたのはシステム不良のためだった。人類未踏の地へ無人探査機が打ち上げられればスタトレファンとして落ち着いていられない。どれほど知的生命体との遭遇を夢見た事か、そしてボイジャーにまつわるエピソードも数多く見聞きしたものだ。

このボイジャーには「地球の音」というタイトルの金メッキされた銅板製レコードがついており、そこには地球上の様々な音や音楽や様々な科学情報などを紹介する写真、イラストなどが収録されている。中にはザトウクジラの歌も収録されている。これはボイジャーが太陽系を離れて他の恒星系へ向かうので、その恒星系に住むと思われる地球外知的生命体によって発見され、解読されることを期待して、彼らへのメッセージとして積み込まれたものである。

スタートレックでこのボイジャーをエピソードとして少なくとも二つの作品を作っている。それがこれだ。

1979年スタートレック映画版。天体規模ほどもある巨大な雲状の「何か」が銀河系を進んでいく。その進路上で迎撃しようとしたクリンゴン艦や調査を試みたステーション・イプシロン9は攻撃を受け、消滅してしまう。提督に昇進していたカークは地上任務に就いていたが、この危機に乗じて、再びエンタープライズの指揮を執る。犠牲を伴いながらも体制を整え、カークたちは地球までわずかの距離に接近した雲の中に「ヴィジャー」と名乗る謎の存在がいることを突き止めた。

ヴィジャーは自らを造り出した創造者(クリエイター)を捜し、一体になろうとしているという。地球上にいる炭素ユニット(人類)達が創造者との交信を阻んでいると判断したヴィジャーはその抹殺を謀るが、機転を利かせたカークが創造者を教える条件で直接ヴィジャーに会いに行く。そこでカーク達は「ヴィジャー」とその「創造者」の意外な正体を知ることになる。

そのヴィジャーが実はボイジャーのことで創造者が人類なのだ。DVDを観られたし。

もう一本はザトウクジラの歌をヒントにつくられた、『スタートレックIV 故郷への長い道』、1986年作品である。折しも捕鯨禁止問題が取りざたされていた時期でもある。謎の探査船が(クジラに似た大きな丸太ん棒のような、頭の先に潮を噴いたような触覚を持つ宇宙船。地球のどんな科学力を持ってしても撃退できない。)ザトウクジラに会いにはるばるやって来たが、21世紀に絶滅していたので23世紀にはもういない。

この探査船がザトウクジラを探すのに出す電磁波は大気をイオン化してしまい、このままずっと探索され続けたら地球は滅亡してしまう。そこでカーク艦長達一行は過去へタイムスリップしザトウクジラを連れてくる冒険の旅立ちをするというお話です。内容についてはDVDに譲として、過去に影響を与えず、クジラを連れ去るなど、面白い映画です。

太陽系を離れたボイジャーは地球外生命体との遭遇を果たせるだろうか?また、23世紀の地球に何をもたらしてくれるのだろうか?そのころ恒星間飛行が実現し、地球が一つの連盟になって人類が有人惑星探査に出発しているだろうか?様々な夢を見ながら、思いは遠く宇宙の果てへ・・・

見たらブログ村ボタンをポチっとお願いします。(*゚▽゚)ノサンキュー
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
コメント:
この記事へのコメント:
スタトレ歓談
ヴィジャーの話はTOSの「超小型宇宙船ノーマッドの謎」と似ていますね。規模と雰囲気は違いますが、骨子は同じかな。

故郷への長い道はある意味凄い作品ですね。エンタープライズはほとんど出てこないにも関わらず空前のヒット作になりました。
これ小説を読んだのですが、レギュラーがとっても生き生き書かれていてお勧めです。
2013/06/29(土) 17:29:21 | URL | シマ #lY7hPXno[ 編集]
Re: スタトレ歓談
> ヴィジャーの話はTOSの「超小型宇宙船ノーマッドの謎」と似ていますね。規模と雰囲気は違いますが、骨子は同じかな。
>
> 故郷への長い道はある意味凄い作品ですね。エンタープライズはほとんど出てこないにも関わらず空前のヒット作になりました。
> これ小説を読んだのですが、レギュラーがとっても生き生き書かれていてお勧めです。

そうなんですよ。映画版最初の作品がビジャーなんですがはげ頭の女性がもの凄く美人で、印象に残ってるんです。^^ (笑)
後、クジラのエピソードは興行収入が一番あった作品ではないでしょうか。
あれは力押しのストーリーじゃなく、問題解決型のお話なんで見る者の共感を得たのかなと思います。
小生IPADに超訳英語版をダウンロードして保存してますよ。900円でお得です。^^v
2013/06/29(土) 19:26:26 | URL | レスリーノ岬 #-[ 編集]
p( ̄∀ ̄)q
覚えていますよ
どっちも映画館で観たんです
エンタープライズが再調整されてスクリーンに登場した時は
嬉しかったですね
あのくじらのST3は、レナードニモイが日本に捕鯨をやめる様に抗議する内容だなと
見て感じました。
やはり当初は捕鯨船を日本の船にするつもりだったんですね。
制作から日本の船を出すと日本での興行収入とSTの人気が落ちる心配があると言う事で他の国に差し替えたんですよね。
色々な時代背景をSF映画が見せてくれると言うのも
深いものですね。

ちなみにヴォイジャーは太陽圏を超えるとどうなるんでしょう?
これから先が心配ですね

2013/06/30(日) 22:37:36 | URL | たいまっつぁん #RpRZ5X7E[ 編集]
Re: p( ̄∀ ̄)q
> エンタープライズが再調整されてスクリーンに登場した時は
> 嬉しかったですね
最初の映画版だものね。^^


> 色々な時代背景をSF映画が見せてくれると言うのも
> 深いものですね。

スタトレのストーリー作りは本当に深い。良く深いくらいに。(笑)

> ちなみにヴォイジャーは太陽圏を超えるとどうなるんでしょう?
> これから先が心配ですね

少なくともボーグとは接触して欲しくないですよ。(爆)
2013/07/01(月) 06:14:36 | URL | レスリーノ岬 #-[ 編集]
コメント:を投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: