FC2ブログ
転生したらスライムだった件を中心に、ドラクエ、エターナル・ラブ三生三世のコメント、感想など吐きます。
  • 10«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »12
2013-04-27 (土) | 編集 |
燃える時

経済小説の第一人者、高杉良の小説です。カップ麺の赤い狐で有名なマルちゃんで知られている東洋水産がモデルになっています。小さな魚屋からエクセレント・カンパニーになるまでを描いています。
創設者は森和夫さんです。経営者の鏡みたいな人です。成功者の人物像は働き者はもちろんですが、社員、部下、お客様を大切にするということです。
この小説を読んでエクセレント・カンパニーは経営者の手腕によるところが大きく、部下社員を大切にするからなのだと思いました。
もっと早く、若い時にこの小説に出会っていたらと思わずにはいられませんでした。会社で働く人、経営者、管理職の方にお勧めの一冊と思います。

見たらブログ村ボタンをポチっとお願いします。(*゚▽゚)ノサンキュー
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: