FC2ブログ
転生したらスライムだった件を中心に、ドラクエ、エターナル・ラブ三生三世のコメント、感想など吐きます。
  • 10«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »12
2013-04-03 (水) | 編集 |
9784198916077.jpg

この小説は証券業界の内幕を描いた作品です。バブルが弾け株価が低迷し、色んな問題がニュースで明らかになるにつけ、にぎりや飛ばしがどういうものか、どういうものであったか再確認するためにも大変参考になる作品と思います。

山一証券が倒産したのはニュースで多くの人が知る所となりましたが、内幕までは一般人はあまり知らないと思います。この作品にでてくるN証券は山一ではありませんが日本最大の証券会社がモデルだろうと察しがつきます。ライバル会社は日x証券か大x証券あたりになるのでしょうか?そんな想像をしながら読み進めていくと、主人公の日野一ことヒノピンに共感するところが多分にあります。

小生、この小説を読むまで高杉良をまったく知りませんでした。社会派の作品が多く、この後も現在読書中ですが、新聞に書いてある以上に調べて暗部をえぐり込んでるので面白いのです。彼のひとつのエピソードにこんなのがありましたので参考までにウィキを抜粋しておきます。


日本経済新聞への批判 [wiki抜粋]

2004年に、高杉は『乱気流-小説・巨大経済新聞』(上・下)を上梓した。これは、当時日本経済新聞社の子会社の不正経理を巡るスキャンダルを描いた小説だったが、鶴田卓彦元社長は「自分たちをモデルにした事実無根の内容で名誉を棄損された」として、単行本出版などの差止めと損害賠償・謝罪広告掲載を求めて東京地方裁判所に提訴した(2007年4月11日の判決で、一部につき名誉毀損を認め、470万円の支払を命じられている[1])。この提訴の後、日経ではインサイダー取引などスキャンダルが続出し、高杉は「日経の企業体質が生んだ事件」と批判した。
2006年7月4日に、日経を退職していた大竹から譲り受ける形で日経株を取得し、高杉は株主総会に出席しようとするが、日経側は大竹の社友資格を取り消す[2]などして、7月13日に株式売買が無効と通告した。これに対し、8月14日に高杉が一連の日経株取引を有効として、株主の地位確認を求める訴訟を提起した[3]。更に、株主代表訴訟を起こして、日経の経営陣への批判の姿勢を強めた。

見たらブログ村ボタンをポチっとお願いします。(*゚▽゚)ノ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: