FC2ブログ
転生したらスライムだった件を中心に、ドラクエ、エターナル・ラブ三生三世のコメント、感想など吐きます。
  • 10«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »12
2013-02-20 (水) | 編集 |
2199ヤマト第三話の「時計しかけの虜囚」がとても良かった。艦内のラジオ放送ドラマに9号(灯台守、後にロボットと判明)とイブ(老人が連れて来た女性型ロボット)の物語を流すのと同時進行で、ガミラス兵のロボット、ガミロイドとヤマトの分析ロボット、アナライザーの交流の話が描かれている。

ラジオドラマの方は寂しそうなBGMが流れていて、寂しい結末を暗示させている。一人ぼっちだった9号は初めてイブと知り合う。そして海に消えていくイブを見て孤独に気づき、寂しさの気持ちを知る。

一方囚われて修理されたガミロイドはアナライザーが教育を施している。言語を覚えさせ(犬猫、ともだち)敵ガミラスの情報を聞き出そうとの試みなのだが、アナライザーのちょっとした失態からその作業を中止させられてしまう。ガミロイドは話し相手を探すため艦内を歩き回るが脱走したと勘違いされ破壊されてしまう。実は自分が何者か知るため女神と認識した森ユキに逢う目的で探し歩いていたのである。

破壊される直前アナライザーはガミロイドの手を取り、意識がある間に記憶中枢に侵入しガミロイドの意識を読むが、消え行く意識は言語になって・・・イヌ・・ネコ・・・と・も・・だ・・・ち・・・・
そしてガミロイドはアナライザーの手を握り息絶えてゆく。

このストーリーを見ていたらスタートレックのデータとアンドロイド少女(データが作った)のエピソードを思い出してしまいました。ロボットといえども判り合えた瞬間に消えていく事に見ている者へ寂しさと悲しみをもたらしたのです。いづれこういう未来が本当にくるかもしれませんね。(哀)

このヤマトはリメイクといっても以前のヤマトとは作り込みの視点が違います。人間ドラマの描写が繊細で大人向きに作られています。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
見たらブログ村ボタンをポチっとお願いします。(*゚▽゚)ノ
コメント:
この記事へのコメント:
地味な良品
この作品は地味ですがジワジワっと良品の味が出ていますね。
オリジナルの中でもアナライザーが森ユキに恋する話がありましたが、隠れた良品でしょう。
2013/02/21(木) 20:10:40 | URL | シマ #lY7hPXno[ 編集]
Re: 地味な良品
> この作品は地味ですがジワジワっと良品の味が出ていますね。
> オリジナルの中でもアナライザーが森ユキに恋する話がありましたが、隠れた良品でしょう。
若いときは戦うシーンが好きでした。戦いこそが勝ち負けを決め、それまでの進行は戦いのためにあると考えていたくらいです。今このようなストーリーに惹かれます。いい作品がこの後も期待できそうですね。
2013/02/21(木) 21:47:12 | URL | レスリーノ岬 #-[ 編集]
p( ̄  ̄)q
最近更新がないので
つまらないです
また書いてくださいよ~
2013/03/01(金) 20:23:41 | URL | たいまっつぁん #RpRZ5X7E[ 編集]
Re: p( ̄  ̄)q
> 最近更新がないので
> つまらないです
> また書いてくださいよ~
いけない、スッカリ怠けぐせがつきましたでごわす。(笑)
ネタはしっかりと蓄積してましたので、ソロソロ書き始めます。
てへへへ^_^;
2013/03/01(金) 20:37:24 | URL | レスリーノ岬 #-[ 編集]
コメント:を投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: