FC2ブログ
転生したらスライムだった件を中心に、ドラクエ、エターナル・ラブ三生三世のコメント、感想など吐きます。
  • 10«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »12
2013-02-11 (月) | 編集 |
ツイッターを休む前にこの本について呟いてるのをみました。小生も昔読んでいたので関心があり、何が問題なのか遡って参照してみました。どうやらうつ伏せにして寝かせると赤ちゃんの嘔吐物が喉にひっかかり窒息するから、その本は良くないとのつぶやきでした。今時その本はとても育児書などと呼べる代物ではないらしいです。

小生が初めて父親になった時友人に勧められて購入した本がそれなのです。最初から最後まで読んでほぼその通りに実践しました。確かに赤ちゃんが吐いた場合、口を塞ぐ事があります。幸い我が家は殆どカミさんが側にいましたので大事には至りませんでしたが、忙しいお母さんなら寝かしつけて、お買い物という事はあるでしょう。その呟きを見てゾッとしたものです。

核家族化が進み家にお爺ちゃん、お婆ちゃんがいない家庭が多い昨今、初めて経験する子育ては若い夫婦に取って大変難しいことです。ホワイト博士の育児書は当時流行していたのですから、実践した方は大勢いるでしょう。育児書だけでなく、ママさんサークルやお医者さんなどの話も参考にした方がよろしいようです。

さてよちよち歩き出来るようになってからの子供との付き合い方ですが、母が存命中に良く言われた事があります。「xxx、子供とよく遊んでやれよ」けだし名言だと気づくこの頃です。子供と遊ぶ以上の教育はありません。それが出来ていれば遊べないときは父親の背中を見て育つようです。振り返ってみれば出来ない事の方が多かったようです。後悔先にたちませんが、せめて孫とは・・・・・

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
見たらブログ村ボタンをポチっとお願いします。(*゚▽゚)ノ
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: