FC2ブログ
転生したらスライムだった件を中心に、ドラクエ、エターナル・ラブ三生三世のコメント、感想など吐きます。
  • 10«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »12
2012-12-02 (日) | 編集 |


最近あまり皆さんのブログを閲覧していなかったのですが、とあるブログを本当に久しぶりに拝見いたしました。相変わらず切れがあり、主張も判りやすい所は変わっていませんでしたが、文体と申しましょうか、言い方に品がでてきたように感じるのは思い過ごしでしょうか。人様のブログを褒めてもしょんないことですので切り上げます。(小生のブログなど足元にも及びませんので・・・笑)

昨日は予てより念願の007「スカイフォール」を観てきました。普通冒頭シーンに007のテーマ・ソングに乗って、丸枠のボンドが拳銃を撃つのですが、ありませんでした。いきなり殺し屋をチェイスするシーンからはじまります。

これがまた素晴らしい。イスタンブールの狭い商店街を車で追いかけっこです。アメ横のようなところを車が暴走するんですよ。通行人を撥ね飛ばすんじゃないかとハラハラ、ドキドキです。車が駄目になるとオートバイに跨り家の屋根の上を疾駆するんですよ、バットマンのバットカーによる屋根上暴走より手に汗を握りました。

追いかけっこの最後は北の帝王よろしく、列車の上での乱闘シーン。ショベルカーはだすわ、トンネルを潜りながらの戦闘シーンはあるわで、最高に堪能できたバトルでした。結局007の相棒がMの命令で犯人を狙撃するつもりが007に命中し川底へ転落してしまいます。

犯人(フランス人傭兵パトリス)は逃れて上海へいきますが、助かったボンドも後を追い高層ビルで再びバトルです。

あまりあらすじを書いてはネタばれになりますのでここまでにしておきますね。

スカイフォールの意味が最後の方でわかります。故郷の生まれた家の名前がスカイフォールになっていました。空が落ちてくるのかなと思ってました。

初代ボンドが乗ったアストン・マーチンが蘇りました。見ていてウルウルになりました。懐かしい・・・
それとスカイフォールの荒れた敷地はロシアより愛をこめてで撮影したヘリコプターを撃ち落とすシーンの場所に似ています。

何故かどこかで見たようなシーンを所々に入れてあるようで見ていてノスタルジックで嬉しく思えます。

007を間違って撃った相棒イブはのちのMI6の秘書マネーペニーです。黒人の女優ですがなかなか魅力的です。

この007はバトルもさりながら、会話に面白さがあります。随所にでてきます。ユーモアや軽口、ジョークが至るところにちりばめてます。イブがボンドの髭を剃るシーンやボンドがMに報告するシーンなど、いろいろあります。

一番ダニエル・ボンドで良かったのは冒頭の主題歌シーンですね。これは良かった。(#^.^#)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
見たらブログ村ボタンをポチっとお願いします。(*゚▽゚)ノ
コメント:
この記事へのコメント:
σ( ̄∇ ̄o)
あ、私も見てきました。

昨日ですと映画の日で1000円だったのですが、今日しか時間が取れず、正規の料金になりました。

銃口をイメージした丸い穴にボンドが映り、ボンドが銃口に向けて発砲するシーンは、今までと違って一番最後でしたが、その意味もわかります。あのシーンはこれから始まるということを象徴していて、OO7の新規蒔き直しシリーズがこれから始まるということでしょう。有名なOO7のテーマ曲が、アストン・マーティン登場まで温存されていたのも、粋な演出でした。

なによりも、MGMが倒産して、シリーズ終焉が噂されていたその復活篇ですから、平成仮*ライダーとかガ*ダムのように、適当に作ってたら惰性でアホなファンがついてきよるわい、といった生ぬるい作りではなかったですね。慰めの報酬でスタントマンが瀕死の重傷を負ったのは有名ですが、今回、あれだけのことをしておいて、さしたる事故もなくて幸いです。

余談ですが、私を含め多くの方々がOO7シリーズで最も嫌ってたキャラが殉職退場してくれたのは良かったです。
2012/12/02(日) 19:12:35 | URL | ピカピカヘッド艦長 #-[ 編集]
Re: σ( ̄∇ ̄o)
> 昨日ですと映画の日で1000円だったのですが、今日しか時間が取れず、正規の料金になりました。
1000円でした。

> 銃口をイメージした丸い穴にボンドが映り、ボンドが銃口に向けて発砲するシーンは、今までと違って一番最後でしたが、その意味もわかります。あのシーンはこれから始まるということを象徴していて、OO7の新規蒔き直しシリーズがこれから始まるということでしょう。有名なOO7のテーマ曲が、アストン・マーティン登場まで温存されていたのも、粋な演出でした。
> なによりも、MGMが倒産して、シリーズ終焉が噂されていたその復活篇ですから、平成仮*ライダーとかガ*ダムのように、適当に作ってたら惰性でアホなファンがついてきよるわい、といった生ぬるい作りではなかったですね。慰めの報酬でスタントマンが瀕死の重傷を負ったのは有名ですが、今回、あれだけのことをしておいて、さしたる事故もなくて幸いです。

しっかり作った感じが随所にしてました。素晴らしい。^^
> 余談ですが、私を含め多くの方々がOO7シリーズで最も嫌ってたキャラが殉職退場してくれたのは良かったです。

ははは、世代交代しましたから。(爆)
2012/12/02(日) 22:36:15 | URL | レスリーノ岬 #-[ 編集]
スカイフォール
明日見に行ってくるね~( ̄ー ̄)
2012/12/03(月) 19:35:19 | URL | シマ #lY7hPXno[ 編集]
Re: スカイフォール
> 明日見に行ってくるね~( ̄ー ̄)
行ってらっしゃい。(^-^)/
2012/12/03(月) 20:30:39 | URL | レスリーノ岬 #-[ 編集]
コメント:を投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: