FC2ブログ
転生したらスライムだった件を中心に、ドラクエ、エターナル・ラブ三生三世のコメント、感想など吐きます。
  • 10«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »12
2012-11-07 (水) | 編集 |
『幸せへのキセキ』(しあわせへのきせき、原題: We Bought a Zoo)は、2011年のアメリカ合衆国のコメディ・ドラマ映画。ベンジャミン・ミーによる2008年の回顧録『We Bought a Zoo: The Amazing True Story of a Young Family, a Broken Down Zoo, and the 200 Wild Animals That Change Their Lives Forever』を原作とし、キャメロン・クロウが共同脚本と監督を務めた。
ミーは2006年、休園状態にあったイングランド・デヴォン、ダートムーア(英語版)南西部のダートムーア動物園 (Dartmoor Zoological Park) を購入し、約1年かけて動物園の公開を再開させた[3]。ミーをマット・デイモンが演じる。(WIKI引用)


2人の子供を抱え、ロサンゼルスでコラムニストとして働いていたシングルファーザーのベンジャミン・ミー (マット・デイモン) は、人生と家庭を修復しようと仕事を辞めて街外れの広大な家を買う。そこはローズムーア動物公園といい、ケリー・フォスター (スカーレット・ヨハンソン) ら飼育員と47種の動物がいた。

キャスト

役名         俳優        日本語吹替
ベンジャミン・ミー マット・デイモン 東山紀之
ケリー・フォスター スカーレット・ヨハンソン 佐古真弓
ダンカン・ミー トーマス・ヘイデン・チャーチ 岩崎ひろし
ディラン・ミー コリン・フォード 本城雄太郎
ロージー・ミー マギー・エリザベス・ジョーンズ 須藤風花
ピーター・マクレディ アンガス・マクファーデン 中博史
リリー・ミスカ エル・ファニング 小薗江愛理
ロビン・ジョーンズ パトリック・フュジット 坂本くんぺい
ウォルター・フェリス ジョン・マイケル・ヒギンズ 梅津秀行
ロンダ・ブレア カーラ・ギャロ 笹森亜希
スティーヴンズ J・B・スムーヴ 菅原正志
キャサリン・ミー ステファニー・ショスタク 山根舞
ナレーター 佐藤政道

感想へ続く
【感想】
マッド・デーモンはダーク・エンジェルで遺伝子操作された子供たちのリーダー役を演じた時が初めてでした。そのときに強く印象に残りました。それから、ボーン・シリーズで一気にファンになった訳です。

この作品は彼がそれまで演じてきたアクション・スターではなく、どちらかと言えば、ファミリー向けの性格俳優的な色合いが強い作品だと思います。

職業は冒険を好むルポライターですが、妻を亡くしてから子育てと家事をこなさざるを得ず、今の仕事を捨てる事を余儀なくされます。一方、息子のディランが母親を亡くした後、心に問題を抱え窃盗を働いたことから高校を退学になり、父と分かり合えずに親子の問題に発展していきます。

ベンジャミンは妻を亡くしたこの街の思い出がずっと負担になり、新しい一歩を踏み出せずにいました。息子が退学になったことで新しい場所での生活に踏ん切りがつき、探し求めた物件が、潰れた動物園という訳です。

退職金を元手に動物園の再開を目指すが資金繰りで苦しくなります。また、もともといた従業員とうまくやって行くために、オーナーとしての義務と責任、リーダーシップと苦労が絶えません。そこに憎まれ役の検査官が厳しい検査をしてきます。

ベンジャミンはやけ気味になりそうですが、息子との問題に正面から向き合い、従業員とも真剣に話し合います。ここの場面が小生にとって、非常に参考になる部分です。リーダーまたはオーナーのあるべき姿勢と感じました。会社生活の中でもこういう場面は結構あります。

問題を抱えた息子のディランと動物園を手伝っている女の子りりーとの交流も見ものです。積極的な(田舎なので友達も少なく、他所からくる同年代の異性には当然関心が湧くというものです。)女の子は溢れるばかりの関心を示しますが、街に帰りたいディランは惹かれるものの、どこか素っ気ない態度です。しかし、あることをキッカケにリリーは距離を置くようになり、ディランはだんだん、後悔しだします。

そして分かり合えるようになるため、対立していた父親から20秒の勇気を伝授されます。この場面は父と息子の真剣なやりとりが描かれています。親子がぶつかり合っても、底に愛情が流れていればこそ、克服でき、分かり合えるということを描いている様に思えます。

ディランはハリケーンの雨の日にその20秒の勇気を発揮します。♡ 若者は羨ましい、素直であれば必ず仲直りができます。

最大の見所は飼育係のケリーとのやりとりです。若くチャーミングなケリーはいつしかベンジャミンの心に映るようになります。深く愛した亡き妻をアルバムで思い出しながら、困難を乗り越えていく姿には共感して励ましたくなります。

動物にも問題が発生します。高齢のベンガル虎を安楽死させるかどうかで、ケリーと対立します。どう解決するのか恐る恐る見てましたが、胸がスッとなるような、理解できるストーリーでした。

開演の日が7月7日、ハリケーンが去った翌日、お客様が来ません・・・・・

これは実話に基づく映画だそうです。現在、当動物園の運営方法が画期的で素晴らしいと世界中に知れ渡っているそうです。小生この映画を見るまでは全く知りませんでした。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
見たらブログ村ボタンをポチっとお願いします。(*゚▽゚)ノ
コメント:
この記事へのコメント:
早い・・
もうこの作品がレンタルされてますか?
早いな~
これは借ります。
2012/11/07(水) 20:50:38 | URL | シマ #lY7hPXno[ 編集]
Re: 早い・・
> もうこの作品がレンタルされてますか?
> 早いな~
> これは借ります。
はい、借りですよ。
女優陣がみせてくれます。(嬉)
マット・デーモンの変わりをやりたくなります。(^^)
2012/11/07(水) 22:15:24 | URL | レスリーノ岬 #-[ 編集]
コメント:を投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: