FC2ブログ
転生したらスライムだった件を中心に、ドラクエ、エターナル・ラブ三生三世のコメント、感想など吐きます。
  • 10«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »12
2012-01-31 (火) | 編集 |
本日は親戚に不幸があり告別式に出席するため田舎に帰りました。伴侶を亡くした叔父さんの肩を落とした姿を見ていたらいたたまれなくなり思わず涙がでそうになりました。いづれ私も似たような境遇になるかもしれない。もっとも妻の方が私よりはるかに若いから叔父さんのケースより私が先に亡くなるだろうとは思う。(苦笑)
家長が亡くなると発生するのが財産分与です。金の話になると途端に兄弟でも他人の始まりになり場合によっては骨肉の争いにもなりかねません。我が家では幸運なことに父母ともに財産と言える程のものがなかったためそういった争いはありませんでした。(笑)

今回葬儀の後精進落としで酒が入り日頃顔を合わせない親戚同士が一同に会したため話が弾み財産分与による争いの話で盛り上がりました。日頃仲が良かった兄弟もこと金の話になるとシビアになり兄弟げんかまで発展したそうです。最後は激しく罵り合い仲たがいしたままになってしまったらしい。そんなことが知り合いの家族であり、つくづく人間関係のむずかしさを再認識した次第です。

罪を憎んで人を憎まずという言葉があります。これは読んで字の如しですが私はこう解釈しています。人を怒りにまかせて憎んでいたら最後にはその憎しみが自分に降りかかってきて自分の人生を実りなきものにしてしまう。だからせめて人を憎むのではなく、罪そのものを憎みなさい。罪には形はありません。だから一時憎んでもその時限りで終わってしまう。後に続かないわけです。実践するのは中々難しいとは思いますが人を憎んでも何も解決しません。憎しみの心は己自身傷つけます。早くそのとらわれから脱出することです。そう思いました。

座禅をしてると妄想が次から次へと湧いてきます。老師はその妄想にたいしていつもこう言います。「邪魔にするな」「相手にするな」ただひたすら自分がする呼吸を腹の丹田にむけて吐いていけと。
憎しみも同じではないかと思う。「邪魔にせず」そのままみつめ「相手にしない」憎しみにああだこうだととりあわない。座禅で教わったことは私の生きる指針になっています。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
読み終えたらポチと押してね。
(^^)
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: