FC2ブログ
転生したらスライムだった件を中心に、ドラクエ、エターナル・ラブ三生三世のコメント、感想など吐きます。
  • 10«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »12
2012-01-11 (水) | 編集 |
父は本日10日10:30に無事天国へ大勢の親戚、知人、友人、そしてお悔やみを頂いた皆さんに見守られて旅立ちました。家族を代表して皆さんへお礼申し上げます。
私の知らなかった父親の姿を親戚や知人がたくさん教えて下さいました。永久の別れに際して父親の足跡をここに敬意と愛をこめて残す。

父は17,8の頃志願兵として高射砲を扱う部隊(内地)へ配属されたとのこと。自ら進んで兵隊になったとは驚きでした。成果のほどは惨憺たるものだったそうです。腕よりも高射砲性能のなさが原因だったらしい。B29は1万メートル以上上を飛んでるが弾の到達距離がそこまでなかったらしい。

手先が器用で独学でラジオやアンプを作り親戚に配っていたとのこと。当時ラジオは高級品で田舎では簡単に購入できなかった。父は秋葉原へ行き部品を買い集めつくり親戚へは無償で、近所から依頼された分は殆ど部品代で売ったらしい。金儲けではなく作ることが好きな道楽ものだったようです。母としょっちゅう口論してたのも儲からないことに時間をかけるならこちらを手伝ってということも多分にあったとのこと。子供の私にはうかがい知ることのできないことであった。

そういえばあの当時バイクも高級品だったが貧乏のくせに購入して乗っていた。母が相当苦労したに違いないがそれをさせていたことも事実だったわけだ。そしてその後分不相応にして軽自動車を買い(中古品)半年に一度はエンジンをばらしてはオイルシールを交換している姿を目撃している。今でいえばディーラーの修理屋さんを独自に行っていたわけだ。

カメラも気ちがいに近く現像場所を(暗室)つくり独自に現像までしていた。これで商売の才能があればまた違った人生を歩めたのではないかとも思ったが反対にそんな父に今更ながら尊敬の念を抱いた。金儲けを主体に考えてなかった。あくまでも自分で作り続けることに挑戦していたように思える。
父の子供への愛情は両極端だった。機嫌の良い時は猫可愛がりに可愛がった。悪い時はゲンコツが飛んできた。しかし親になってわかったことは父親というものは子供に対する愛情表現が下手であるということです。母親はいつも子供の近いところにいてあれやこれや手出し口出ししてるため自然と愛情を表現できる。父親は慣れてないので照れ臭いものです。親父ゴメンよ。今とても素直な気持ちになっている。これもツイッターやブログのお陰かもしれません。

父は母と喧嘩はしていたがお互い愛し合っていたのだ。片方が家を留守にすると寂しがり、その裏返しでヤキモチを焼いていたと叔父さんに今回教えて貰って初めて理解できた。普通そんなに嫌なら、さっさと別れてしまえばよいものをそうしなかった。いつだったか、一度母に離婚しても決して恨んだりしないことを言った時凄く寂しい顔をしたのを覚えている。あれはその時子供に要らぬ心配かけて悪いと思ったのだがそういう意味じゃなかった。

母も父を愛していたのだ。それをわからなかった、わかるようにしてこなかったことに顔を寂しくしたのだ。私は本当に馬鹿な不肖の息子だった。もうそのことを詫びる親はいない。間違った生き方はしてないから、そこのところだけはあの世で自慢していいよ。両親に感謝いたします。安らかに眠ってください。

私は生きている限り社会と関わっていきます。家族も知人も友人も仲間も大切にします。縁を大切にします。芸術文化に造詣を深めてまいります。死ぬ時、私の生きてきた人生は素晴らしい人生だったといえるような豊かなものにするように努力していきます。
コメント:
この記事へのコメント:
p( ̄▽ ̄)q
また少し、お父さんと知り合えましたね
お父さんへの思いに感動しちゃいました
お心に生きて行かれますよう
お祈りいたします

( ̄人 ̄) なむなむ…
2012/01/12(木) 23:27:53 | URL | たいまっつぁん #RpRZ5X7E[ 編集]
Re: p( ̄▽ ̄)q
> また少し、お父さんと知り合えましたね
> お父さんへの思いに感動しちゃいました
> お心に生きて行かれますよう
> お祈りいたします
たいまっつぁん、ありがとう。
父も喜んでいます。
2012/01/12(木) 23:39:19 | URL | レスリーノ岬 #-[ 編集]
コメント:を投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: