FC2ブログ
転生したらスライムだった件を中心に、ドラクエ、エターナル・ラブ三生三世のコメント、感想など吐きます。
  • 10«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »12
2012-05-15 (火) | 編集 |
本日は妻はくノ一第四巻を紹介いたします。感想も少しだけ書いてみます。

カバーに紹介文がありますので、まずはそれをそのまま記載します。


松浦静山の下屋敷に飯炊き女として潜入した織江は、ついに静山の密貿易と野心の証拠をつかんだ。だが、これを提出すれば静山ばかりか、夫の彦馬にも破滅が訪れてしまう。くノ一としての義理と、妻の人情。その板ばさみに悩む織江を、お庭番の頭領・川村真一郎がじわじわと追い詰めていく。窮地に陥った織江に、くノ一の先輩でもある母が忠告した言葉。それは驚くべきものだった。

序盤に大学頭・林述齋の三男、鳥居耀蔵がでてくる。劇中では中奥番の任についている。

江戸幕府の職名。将軍に近侍し、雑務に従事。寛文10年設置、とある。

偉いのだ。後に南町奉行になり市中取締りは非常に厳しく、おとり捜査を常套手段とするなど

権謀術数に長けていたため、当時の人々からは妖怪と恐れられるようになった。

コミックの御用牙 かみそり半蔵では妖怪の異名の通り、半蔵を徹底的に苦しめる。

また孤宿の人に登場する船井加賀守守利はこの鳥居耀蔵がモデルとされている。

孤宿の人ブログへジャンプ

劇中ではまだ若い時なのでそこまでの実力はないがこの物語の重要人物であることに変わりない。
第一話 武道なりさがる

屋敷に泥棒が侵入し手文庫が盗まれたらしい。その中には見ようによっては、

幕府転覆の計画が記されているように見えるものが入っていた。

どうやら犯人の目星は付いているようだが、広い江戸、しかもすばしっこい双子の泥棒とのこと

どうなるやら、、、

第二話 竜の風

妻恋稲荷(この間自転車のひとり旅で行ってきた所です。^^)の前にひとだかりができています。

鳥居と祠が消えたらしい。神主もでてきて大騒ぎです。裏の方で見つかるが謎は深まるばかりです。

第三話 異鳥の肉

織江の母、雅江が中津藩の中屋敷をみて懐かしさに胸を熱く締めあげられていた。

あの人とは結ばれなかったと、、、(どの人か物語が進むに連れて明らかになります。)

そんな中、彦馬の故郷においてきた養子の雁二郎が上京してきたのである。

何が起ころうとしているのか、、、

第四話 義眼と蜂

西洋の武器について記した「西洋武器惑問」が耀蔵の前に5冊積み上げられていた。

幕府に対して不穏な者が読んだら一大事である。その出所を思案している。

いよいよ耀蔵と静山の対立が見られるのか、それともほんの前哨戦の幕が切られるだけか、、、

第五話 狐の飛脚

双子の泥棒、金蔵と銀蔵は単なる泥棒から足を洗い、弱気を助ける鼠小僧になりたいと彦馬に相談している。

この二人、憎めないのだが、どこか頼りない面がある。この話の中心人物であることは確か。

さて、一連のストーリーが繋がると新しい展開も見えてくる。

妻はくノ一は面白い作品です。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
↑見終えたらポチっとおしたってください。↑(^-^)↑
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
本日は妻はくノ一第四巻を紹介いたします。感想も少しだけ書いてみます。カバーに紹介文がありますので、まずはそれをそのまま記載します。松浦静山の下屋敷に飯炊き女として潜入し...
2012/05/15(火) 07:28:08 | まとめwoネタ速neo