FC2ブログ
転生したらスライムだった件を中心に、ドラクエ、エターナル・ラブ三生三世のコメント、感想など吐きます。
  • 10«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »12
2012-05-14 (月) | 編集 |
本日文楽東京公演、第一部を見てきました。

晴天に恵まれお出かけには最高の日よりでございました。

服装は白の靴に、白いジーンズ、黒のウィンドブレーカー、そしてサングラスです。


CA380018_convert_20120513234426.jpg


いつもとは違うラフな格好にしました。チョイ見で私とは判らない筈です。

知ってる人がいても判らないような服装にしたわけです。

文楽を純粋に楽しむために来たので、

あれやこれやになるのは避けたかっただけです。

単独行動を好みますので、

誰かと一緒などという事は家族以外ではあまりございません。

デモや特別にご案内などは過去にありましたがレアなケースです。

過去に何回観劇したか数えたら、合計5回でした。

10回目でなにか記念になることをしてみたいですね。


席は予約なしの当日券です。最近あたって砕けろ的な行動が多いです。

幸運なことに前の方の良い席が若干空いてました。

その後直ぐ売切れた見たいですから、本当にラッキーでした。

劇場の中はきものを着たご婦人たちが多かったです。外国人の方もおりました。

世界無形文化遺産ですから、外国の方にも興味は尽きないのでしょう。

ある都市の市長さんは、あまりお好きなようではないみたいですがね。

しかしどうなんでしょうね。外国人の要人から、世界無形文化遺産の人間国宝は、

どなたですかと聞かれて、答えに窮したら笑い者になりませんかね。

そういう所が心配です。しかも地元らしいですよ。(おっと失礼、これ以上は、、)

兎に角本日の公演は満席でございました。

さて内容はと申せば以下の通りです。

鑑賞ガイドには解説にこう書かれています。(一部抜粋)

「八陣守護城」

中村魚眼(漁岸)・佐川藤太合作による全11段の時代物です。初演は文化四年(1807)大阪・道頓堀大西芝居でした。”清正公”様として信仰の対象となるほど、民衆に人気がある加藤清正(作中では加藤正清)を主人公に、主君小田家へ忠義を尽くす武将としての生き様が描かれています。ほかに徳川家康(北条時政)、後藤又兵衛(児嶋元兵衛)、加藤忠弘(加藤主計之介)、池田三左衛門(森三左衛門)、島津義弘(大内義弘)をモデルにした人物が登場します。
外題は、11段目で八陣の計略をもって小田軍が北条の軍勢と戦ったことと、正清が本城を死守したという物語に由来しています。今回上演するのは4段目と8段目です。

「計情倭荘子」
死後の世界の道行きという特殊な設定の作品です。舞踏でも人気の演目ですが、人形ならではの、宙を飛ぶ蝶の舞ぶりをお楽しみください。

「感想」

大変感激いたしました。久しぶりなので懐かしさが前面にでたような感じです。

どうしても人形の動きに目を奪われてしまいます。手の動き、頭の動き、足の動き、そして、しぐさ。

不思議な感覚なのです。どう表現して良いか、うまくいかないのですが魂が宿る(少しオーバーか)

に似た感じでしょうか。実物を目の前にすると良く判ると思います。

手塚治先生が生きておられて、この人形浄瑠璃を漫画にしたら面白いだろうなと、ふと思いました。

余談はさておき「八陣守護城」では雛絹が喉を短剣で突いて自害するところがあるのですが、

そこが泣けました。いつもながらこの世で叶わぬのなら、あの世で添いとげましょうとの、

女性の自害は泣けてしまいます。(本当に涙したわけではありませんよ。心でです。苦笑)

また蝶の舞も基本的に悲しい道行きなのですが、舞台セットが目を見張るほど綺麗でした。

照明も工夫されて明るくなったり、うす暗くなったりと死後の雰囲気を醸し出してるのでしょう。

それから全体的に舞台のセットの早変わりには驚かされます。上から下りてきたり、向こうから

手前に迫ってきたり、塀や門が左右からすっと、一瞬ででてきます。

相当訓練してないと、ああはうまくいきませんね。と思います。

外国人の方が日本語わかるかどうか知りませんが、舞台の人形と太夫の浄瑠璃に

感嘆してるような顔をして見入ってました。それも何か楽しいひとコマでした。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
↑見終えたらポチっとおしたってください。↑(^-^)↑
コメント:
この記事へのコメント:
初めまして(*^_^*)
こんにちは。

Myブログへのご訪問、ありがとうございますm(__)m
レスリーノ岬さんのブログは猫ちゃんでいっぱいで可愛いですねvv

文楽とは、人形浄瑠璃のことなんですね。
私も日本の伝統芸能のことは少しでも知っておきたいと思い、
現在「にっぽんの芸能」というテレビ番組を見続けております。

その番組では歌舞伎や文楽の特集をしてくれるのですが、
私は俳優さんを数名知っている程度で;とても日本の芸能を解するレベルまで達しておりません。

まだ実際に歌舞伎や文楽を直接観に行ったことがないので、いつか行ってみたいと思います^^
2012/05/14(月) 16:51:07 | URL | 山木瑠璃佳 #lJ6kSN9g[ 編集]
Re: 初めまして(*^_^*)
> こんにちは。
>
> まだ実際に歌舞伎や文楽を直接観に行ったことがないので、いつか行ってみたいと思います^^
今晩は。
こちらこそ訪問ありがとうございます。
是非一度は行ってみてください。
文楽は良いですよ。泣けるシーンがあります。
また笑える所も演目によってあるんですよ。
是非、、(#^.^#)
2012/05/14(月) 21:30:07 | URL | レスリーノ岬 #-[ 編集]
うひゃひゃ
変装しての文楽観賞・・あ~た、芸能人でっか?
オイラは昔、隣街で公演された郷ひろみのコンサートに変装して行きました。
変装した理由は、隣にナイショのご婦人がいたからなんですね~
2012/05/14(月) 21:54:18 | URL | シマ #lY7hPXno[ 編集]
Re: うひゃひゃ
> 変装しての文楽観賞・・あ~た、芸能人でっか?
> オイラは昔、隣街で公演された郷ひろみのコンサートに変装して行きました。
> 変装した理由は、隣にナイショのご婦人がいたからなんですね~
芸能人ではありませんよ~。
一般人ですから(笑)ただ思う所があって。
シマさんと動機はまったく違いますよ。(爆)
ただ誰にも邪魔されず、、、やはり変でしたか。(ははは)
2012/05/14(月) 21:58:54 | URL | レスリーノ岬 #-[ 編集]
先日は、ブログご訪問ありがとうございました。
 先日は、私のブログご訪問ありがとうございました。実は、国立劇場の帰りに、電車の中で、すでに観賞された方の感想を探して、拝見していました。これからもよろしくお願いいたします。
2012/05/16(水) 07:10:42 | URL | 感動人 #CRSHTEAU[ 編集]
Re: 先日は、ブログご訪問ありがとうございました。
>  先日は、私のブログご訪問ありがとうございました。実は、国立劇場の帰りに、電車の中で、すでに観賞された方の感想を探して、拝見していました。これからもよろしくお願いいたします。
今日は、こちらこそ宜しくお願いします。
同じ文楽を見る方がいて心強いです。
2012/05/16(水) 09:16:07 | URL | レスリーノ岬 #-[ 編集]
人形浄瑠璃って本当にふしぎな魅力があります。いつのまにか人形が生身の人間になっていますもの。すごいですよね。
でも まだ劇場へ行ったことはないんです。テレビだけです。田舎で暮らしているので これから先も可能性はゼロに近いです。やはり劇場で観るのは格別だろうなぁと想像するのみです。
昔はテレビでも結構放送されていた気がします。
私は子供の頃から 講談、浪曲、落語、歌舞伎、人形浄瑠璃、大好きで
テレビやラジオにかじりついていました。
でも もともといい加減な人間なので 深くつきつめることもなく、その時だけ感嘆し終わっていました。
そういえば 最近久しぶりにNHKで浪曲を聴きました。
人形浄瑠璃は久しく観ていません。
2012/05/18(金) 09:13:10 | URL | majobaasan #-[ 編集]
Re: タイトルなし
関西のTV局で文楽に関する事を近く放送するらしいです。
是非ご覧になってください。^^
また文楽はインターネットのYOUTUBEに結構たくさんアップロード
されてますので、自宅でも見ることができますよ。
私はいろいろ探し回って楽しんでます。
劇場にいければ最高ですが、人それぞれ事情がありますので。
文楽は楽しいです。^^v
2012/05/18(金) 11:26:52 | URL | レスリーノ岬 #-[ 編集]
コメント:を投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
本日文楽東京公演、第一部を見てきました。晴天に恵まれお出かけには最高の日よりでございました。服装は白の靴に、白いジーンズ、黒のウィンドブレーカー、そしてサングラスです。...
2012/05/14(月) 08:42:07 | まとめwoネタ速neo