FC2ブログ
転生したらスライムだった件を中心に、ドラクエ、エターナル・ラブ三生三世のコメント、感想など吐きます。
  • 10«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »12
2012-03-28 (水) | 編集 |
3月26日(月)は息子の引っ越しでした。4月から大學生活がはじまります。

妻は息子の生活に必要な生活用品を、息子と一緒に色々買い求めたようです。

楽しんで買い物してきたんだろうと話をふったら、口げんかばかりして疲れたらしい。

それも出来なくなると思えば内心楽しんでいたんだろうと思っている。

現地に向かう車中は乗り継ぎの話ばかりでした。運送屋の都合で当初の時間が

変更になり、電車の時間をずらす必要がでたためです。

最初に不動屋さんへ寄って手続きを済ませバイク屋を紹介して頂き、そこまで

送って頂いた。感じのよい不動屋さんでした。

バイク屋さんは不動屋さんと友達らしくいろいろと親切にしてくださいました。

中古がなかったのは誤算でしたが、お陰で息子は大喜びでした。

4年間無事故でいて欲しいと祈るばかりです。

アパートに着いたのが正午過ぎ、荷物が時間をおかずに到着した。

ベッド 冷蔵庫

   ベッド                   冷蔵庫

大きいものから順番に部屋に運び開梱したら、全部で25箱ありました。


ベッド、机、TV台の組み立てをして、ガスレンジの取り付け、冷蔵庫の設置、洗濯機などなど

済ませてから、小さい物をかたずけてました。親子三人ですると結構早く片付くものです。

PM6時ごろには、ほぼ終了でした。

息子には今後のことを話しました。

特にこれと言って大層なことはありません。親が息子に願うことはただひとつ、

無茶や無理をせず、無事に卒業して欲しい。これだけです。

困ったことがあればいつでも電車で帰れるし、電話でも相談にのれる。

後は最後に親子三人で引っ越しそばならぬ、スパゲティーでの食事になりました。

私 息子 妻

私、ボンゴレ         息子、クリームとサーモン  妻、菜の花とベーコン

 食事の会話は弾み、今後の生活の大変さを話したところから、息子の様子が少し変になり、

言葉も少なく、メガネをしきりに押さえるので、また花粉症でも思いきや、なにやら涙が、、、、

最後の晩餐じゃないんだから、、、こちらが危うい状態になるではないか。

そう言えば私が就職で上京した時、両親は同じ思いになったのだろうなと、ふと思い出しました。

母親は1週間ご飯も碌に喉を通らなかったそうです。父の葬式の席で姉に聞いた話でした。

親とはそういうものだろうと思う。今息子を目の前にして、あの頃の親の気持ちがよく判る。

そして帰りの電車の中で息子からのメールを見て本当に涙がでてきて、顔を隠すのがやっとでした。

今生の別れのようなメールをよこしやがって、親孝行もできなくて申し訳ないとは、泣かせるんだよ。

親孝行の意味も知らずに、、、本当の親孝行はな、無事に卒業してくれることなんだよ。

迷惑などいくらかけても、いいんだ。遠慮せず迷惑でも何でもかけてこい。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
コメント:
この記事へのコメント:
学生一人暮らし
大学生活のスタートを思い出しました。
オイラも荷物を揃えて入学式の3日ほど前に新居へ。やった~!と思うのもつかの間、ホームシックになったものです。その理由は、布団を郵送し忘れたためで、2日ほど新聞紙に包まって寝たものでした。
2012/03/28(水) 14:29:43 | URL | シマ #-[ 編集]
Re: 学生一人暮らし
> 大学生活のスタートを思い出しました。
> オイラも荷物を揃えて入学式の3日ほど前に新居へ。やった~!と思うのもつかの間、ホームシックになったものです。その理由は、布団を郵送し忘れたためで、2日ほど新聞紙に包まって寝たものでした。
シマさんもそのような経験があるのですか。
私が青森に転勤した最初の寒い夜が正に新聞紙に包まれて一夜明かしました。
連絡船のボーという音が凄く寂しく響きましたよ。
もうずっと昔の話です。
懐かしいな~♪
2012/03/28(水) 20:38:28 | URL | レスリーノ岬 #-[ 編集]
コメント:を投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: