FC2ブログ
転生したらスライムだった件を中心に、ドラクエ、エターナル・ラブ三生三世のコメント、感想など吐きます。
  • 10«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »12
2012-03-22 (木) | 編集 |
ファザーステップファザーのTV番組が11回最終を放送して終了した。

どうやら主役は上川隆也演じる泥棒のようだ。ドジを踏んだ泥棒が双子の兄弟に助けられ

継父にさせられる奇想天外なストーリーなのだが面白い。

泥棒がかっこよすぎるのだ。おまけに現代の鼠小僧のような泥棒で人情があり憎めない。

番組としては視聴率が6%~10%くらいなため人気があったとは言えまい。

個人的には泥棒のキャラクターと俳優が好きだったため初回から録画だけど、ずっと見ていた。

残念だったのは双子の兄弟の脚本だ。

ここが小説とおりだったらもっと人気がでたのではないかと思っている。

別に兄弟の演技がどうのこうのではない。どちらかと言えば演技は良かったと思う。

この小説は御存じのように宮部みゆき作品である。

本作の続編となる「バッド・カンパニー」、「ダブル・シャドウ」、「マザーズ・ソング」、

「ファザーズ・ランド(前編・後編)」の5編が掲載されたらしいが文庫版での続編はでていない。

当時これはTVドラマになったら面白いだろうなと思っていた。

それが忘れかけてた今年になってドラマ化された訳です。

双子の兄弟の面白いところは二人のかけ合いなのです。それが小説ではこれでもかと言うくらい

表現されている。例えば百人一首で上の句を兄が言えば、下の句を弟がいうのである。

泥棒への受け答えがそのように行われるから、なんとも滑稽で面白いのである。

そこがTVでは殆どなかった。非常に残念でした。

にほんブログ村 小説ブログ 現代小説へ
にほんブログ村
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: