FC2ブログ
転生したらスライムだった件を中心に、ドラクエ、エターナル・ラブ三生三世のコメント、感想など吐きます。
2019-08-24 (土) | 編集 |
リムル

シズさん、ベッドに横たわっていて息も絶え絶えです。
リムルにそっと話しかけてきた。

炎の精霊イフリートを憑依され友達を殺してしまったこと。
魔王レオン城に攻め込まれ撤退戦のしんがりを務めたこと。
そして、そこで勇者に会い戦いになり、とても強い勇者に死を覚悟したと。

しかし負けたシズさんの手を取り抱きしめてくれたこと。
そして保護され一緒に旅して、誰かのために戦って嬉しかったと。
その時に貰った仮面がイフリートを押さえ込み、力を制御できたこと。

でも勇者はシズを残して姿を消した、またいつか会えると・・・

初めて理解者にめぐり合い、シズさんはそれはそれは嬉しかったのさ。
いじめにあってた時、手を差し伸べてくれた味方みたいな感じだったのさ。

シズさん強くなろうと決意したんだ。
苦しんでる人を助けようと結構頑張ったのさ、何十年も。

シズ「偉いと思わない?」

この言葉は軽く言ったけどシズさんのこれまでの大変な努力と苦労が察しられた。
だからリムルはそれをわかったのでこう答えたわけ。

リムル「ああ、偉いよ。」

シズさん歳をとってイフリートを抑え込むのが難しくなり、
また人を殺めてしまう恐怖から冒険者を引退し指導者になる決意をしたわけ。

むむむ・・見た目若いし。

イングラシア王国で学校の先生になり異世界から来た子供達に教えてたこと。
とても楽しかったと笑顔で話したシズさん。
でも離れていった子もいたわけ、その子は坂口日向(ヒナタ・サカグチ)
シズさんより強くなり、西方聖教会の聖騎士の総帥になる。

西の王国、東の帝国から魔女と呼ばれ、強さは魔王クラス、ガゼル王以上。
スキルも隠されて秘密のままだし、不気味さを増し恐れられている。

教え子のもう一人はイングラシア王国のグランドマスター、ユウキ・神楽坂。
ギルドマスター総帥の他に異世界から来た子供達の後見人のようなことをしてるが・・
まさか、あの善人面してねーーー彼には彼の信じる理想があるのはいいけど・・・

リムルが最大の苦境に会うのはこの二人のせいなのだよ。
それはまだまだずっと後の話だけどさ。

そして今の子供達、魔素が制御できなく寿命が後数年らしい。
なんとか助けたいとリムルに言い残す。

最後に魔王レオンにあって確認したいことがあったので旅に出たと。
復習したいわけじゃなく、予習したい・・・ちがーう!
レオンを恨んでるわけでなく、ただシズがいたことを認めさせたかったと。

シズ「私を食べて、スライムさんの中で眠らせて。」

少し間をおいて、リムルは願いを聞き捕食者でシズさんをゆっくり包み込んだ。

この間はリムルの優しさなんだと思う。
リムルが魔物達から慕われる理由なんだよね。

涙がツーと落ちるシズさんがリムルの中で仮面の勇者に会う。
駆け寄っていくシズさん・・・見てるこっちが涙目になりそうだった・・・
しかし、蜃気楼のようにかき消えた。

そして、もうひとつの光の中には縁側にお母さんが座ってシズに微笑んでいた。
駆け寄っていくシズさん、シズはだんだん小さくなり母に抱きついた時には、
空襲で引き離された少女に戻っていた。

やっと安住の地に戻れたのね・・・涙目から溢れていた。( T_T)\(^-^ )

リムルはシズさんのスキルを受け継いだ。
そしてシズさん似の人型へと変身した。

リムル「シズさん、約束する。想いは必ず伝える。」

リムル、スライムからかっこいい人になった・・・可愛いの間違いじゃね?

うんうん、そこはスルーね。