FC2ブログ
転生したらスライムだった件を中心に、ドラクエ、エターナル・ラブ三生三世のコメント、感想など吐きます。
2016-10-26 (水) | 編集 |


スタートレックBEYOND見てきました。
字幕3D+4DXは2400円でした。
内訳は月曜割が1100円 +4DX 1000円 +3D グラス持参 300円

ハリウッドの4DXなら期待できるかの思いでした。
結論はディズニー体験型イベントを越せませんでした。
GANTZOよりは4DXの効果を発揮してましたが、まだまだですね。

4DXはやはり体験型専用ソフトでないと効果が半減するようです。
アクションシーンは椅子が動きまくるので画像がよく見れない。
そんな欠点があります。匂いはついてましたけど。

臨場感という点では3Dと相まって80点位です。

映画の内容はまあまあでした。
平均点と申しましょうか・・・
見所が少なかったですよ。

私てきには新たな見所は3つくらいかな。
あとは前作までに出たシーンの焼き回しみたいなもんです。
その1:ヨークタウンの人口居住区の大きさと未来感がいいですね。
その2:敵エイリアンの謎武器によるエンタープライズの圧倒的な敗北。
その3:キャプテン・カークがバイクで敵地へ乗り込んで人質を取り戻すシーン。

そんな所ですね。

ジャスティンリンとJJエイブラム両監督なら、
この展開の速さになるんだろうと思います。
あっというまに終わってしまい消化不良気味です。(;^^;)

さて、惜しい点がいくつかありました。
観客おいてけぼりのシーンがあるため見た目以上の迫力に欠けます。

それはエンタープライズの武器が一切効かないばかりか、
シールド(バリア)も効かない。
何故効かないのかわかりやすく見せて欲しかった。
(説明責任がある。 <ーー どこかの政党?爆)

その理由がわかれば見てる方も、武器も防御も効かない相手にどう立ち向かうのか、
一緒に参加できるではないか。(この上映時間では限界か?)

古代兵器の威力?
あれさっぱり判らないから、手に汗握ったり、恐怖感など全然なかった。
第一作のバルカン星を爆破したような前振りはやはり必要でしょう。
事前に威力がわかれば緊迫感がもっとあったはずです。

それでもスタートレックは贔屓目で見てしまう。(^v^)
総じて楽しめました。はい。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
2016-10-22 (土) | 編集 |


NASAが開発している火星探査ロボットを見て驚いた。
まだ完成前であるが人型ロボットの動きが素晴らしい。

ちょっと前に義足でダンスをしていた女性ダンサーの動きに驚いたものだが、
それ以上の衝撃だった。

日本の人型ロボットと言えばホンダのアシモ君だが、
NASAのロボットはその上をいっているように思える。

荷物を持ち上げ自由に動き回り、倒れても自力で起き上がる。
それにAIを搭載できれば、かなり人間に近い作業ができるようになる。

人が立ち入れない原発内の作業に最適ではないか。

そんなことを考えながら火星探査ロボットを見ていた。

アメリカのロボット技術は思った以上に進んでるように映った。

日本のお家芸と思っていたのは井の中の蛙だったかもしれない。
しかしアトムや鉄人28号を生んだ日本がアシモ君を世に出した時、
人型ロボットでは日本はリードしていたはず。

技術力の差はやはり膨大な資金力と、それにかける意気込み、
情熱ではあるまいか。

官民が一致協力して世界一のロボットの国を目指して欲しいと思った。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
2016-10-16 (日) | 編集 |


初めての4DXをGANTZOで体験してきました。
料金は約倍です。通常の映画二本観られる計算になります。
体験型の映画とすれば妥当な料金なのだろうか?
私としてはちと高いかなとの思いです。

椅子が激しく動いたり、背中のツボを押されたり、
また水しぶきや血しぶきが上がるところで、
前や横から水蒸気が出てきます。
一瞬映画の中にいるような錯覚も起こしますが、
思ったほどではありません。

煙が出る場面ではスクリーンの前の方で煙幕(水蒸気?)が出ます。
匂いも出るような説明がパンフにありましたが感じませんでした。
視線が上から下へ向くときは若干椅子が沈み込む感じになります。

ただ3Dになっていませんでした。
4DXなので当然3Dは含まれてるのではと期待しましたが、
期待しすぎでしたね。

4DXは一度体験すれば2度体験したいと思えるものではないというのが、
岬の感想です。

GANTZOそのものは面白い出来と思います。
原作とほぼ一緒です。
妖怪の「ぬらりひょん」がラスボスでゲキ強であります。

GANTZ大阪チームの強さは半端ないですが、
大阪妖怪はその上をいく強さなのだ。
そしてGANTZ東京チームは大阪チームより弱い。

言ってみれば孫悟空とベジータのチームが、
不死のザマスとブラック悟空を相手にするようなもんか。
クロノが早々死んで、主役は加藤なのであります。

コミックを知っていても大阪編はアニメでも十分堪能できる。
岬はそう思いました、はい。

来週はスタートレック ビヨンドです。
年末はローグワンと観たい映画が続きまする。(笑)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
2016-10-12 (水) | 編集 |


マットデーモン主演最新作のハードボイルド・スパイアクション映画。
なかなか面白い映画でした。
シリーズとしては第四作になるがジェットコースター映画に仕上げ、
見るものを飽きさせないようにしてある。

見所はたくさんある。
適役のCIAヒットマンはヴァンサン・カッセルである。
あのオーシャンズ13に出てきた大泥棒なのだ。
敵の存在感が増すとボーンも際立つのである。

そして日本のCMでおなじみのトミーリージョーンズがCIA局長である。
今回のラスボスなのだ。
彼の風貌は日本の漫画に出てくる「御用牙」の剃刀半蔵が勝てなかった
鳥居 耀蔵に似ているような気がする。
強敵である。

装甲車が車を押しのけ吹き飛ばし逃げる様はどこかで見た気がした。
あのシンゴジラが海から川へ船を押しのけ、ふきとばし上がってくる所。
あのシーンとダブりますね。

そういえばどちらも4DXで観れます。
私は4DXをまだ観てませんがきっとあのシーンは椅子が動くのだろうと思う。

ヒット次第で次回作もあるのではないかと思いまする。(笑)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
2016-10-05 (水) | 編集 |
都知事に立候補した時は少し斜めに構えて見ておりました。
国政での出番がなくなったから都政で最後の花道にしようかな、
そんな冷めた目で見ていました。

東京オリンピックも4年後に迫っており注目度もあるしね。

しかし、マスコミに対する受け答えや森元総理との会談を見て、あれ?と
思いました。腹が据わっているし切り返しもうまい。
こりゃ単なる出たがりおばさんじゃないなと思うようになりました。(失礼)

都知事立候補の公約をしっかり守ってるではありませんか。
どこかの政党のような掲げたマニフェストを反故にするものではありません。
豊洲市場の移転延期など見上げたものです。

歴代の知事は今までどんな仕事をしてきたのでしょうか。

都民ファーストをスローガンに都政を行っていることが伝わってきてます。

昨日の都議会の質問にも対決姿勢ではなく、真摯に答えてました。
挑発にはさらっとかわし、チクリと刺すところも忘れず、
持論を展開するあたりは国会議員で培った手腕を発揮していたと思います。

待機児童の解消も取り組んでる所が見えます。
こういう見える化が都民にとって一番わかりやすいという事を知っている。
小池百合子都知事かなり期待できそうです。

女性目線での政治はこれからの時代にふさわしい気がします。
日本にもっともっと小池知事のような方が出てくると面白いですね。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村