FC2ブログ
転生したらスライムだった件を中心に、ドラクエ、エターナル・ラブ三生三世のコメント、感想など吐きます。
2015-07-28 (火) | 編集 |
まさ

パーフェクトブルーを読んだ方はすぐにあれかとわかるでしょう。
ジャーマンシェパードが一人称で書かれたミステリー探偵小説なのだ。
パーフェクトブルーの第二弾の様な小説である。

警察犬を引退したシェパード「マサ」が蓮見探偵事務所で活躍する。
相棒は蓮見所長の娘(長女)加代ちゃん、短大を卒業して探偵稼業に入る。

マサは人語を話すわけではないが、要所要所で一人称で語るため、
読者に彼の考えがわかる仕掛けなのである。
これが「読んでいて大変面白い」のだ。

この小説は五つの短編で構成されている。
そのひとつ「心とろかすような」の出だしに吹き出すようなマサの話がある。
諸岡進也(バー・ラシーナのアルバイト)と糸ちゃん(加代の妹)が
ホテルから朝帰りしたところから始まり、あらぬ疑いをかけられたところである。

そこでマサが諸岡進也について語ったことである。

(「俺だって好きで揉め事を呼んでるわけじゃねえって」と、
あの口の減らないガキめは反論するだろう。
が、事実は事実である。
進也というのは、乗車率200%の満員電車の中で、
わざわざマル暴さんの足を踏んでしまうタイプなのである。
しかもロンドンブーツを履いて。)

まるで事を起こすタイプは進也だと断じているではないか。
これが犬の言う事かと思うと笑わずにいられません。ハイ。^o^

白鳥家の心とろかすような少女の笑顔は悪意があったのかどうか。
普通の人なら結果がわかるまで、そんなことわかりませんね。
騙される人は人が良すぎると言われますが、大抵の人はそんなもんです。

「てのひらの森の下で」はマサが犯人を気づかず後頭部を殴られ気絶するのですが、
「犬も歩けば棒にあたる」例えなんでしょうか・・・
そんな事も亜るのですかねー。鼻も耳も敏感な犬がね〜・・・
これも人の良さに付け込んだ犯罪なんです、もとい、犬に付け込んだ?

岬が気に入ったのは「白い騎士は歌う」です。
姉想いの弟が薬物中毒の女性を助けようとした一途な心意気。
その弟を我欲のため殺されてしまう。
ああ、なんて酷い、この世は無情なるかな・・・
宮部みゆき、泣かせるところも心得ているようです。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
2015-07-24 (金) | 編集 |


鮎さんの歌といえば切ないイメージでしたが、これは大爆笑です。

畳・・・岬もよくわかります、この心情。ヾ(≧▽≦)ノ

だって、畳好きですよ〜〜〜♪


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
2015-07-22 (水) | 編集 |
クリキャロ

暑いですね〜、猛暑が続いています。
つい2、3日前は梅雨で雨に悩まされていたのですがこの変わりようはなんでしょう。

ちょっと涼しい録画でも見てみようかと思ったらありましたね。(笑)
ディケンズの小説クリスマスキャロルがベースになった、
1979年作のアメリカンクリスマスキャロルです。

小説ではイギリスが舞台だったと思いますが、
これはアメリカのニューハンプシャーになっています。
内容は今更申すことはないですが三人の精霊がやってきて、
スクルージ自身の過去、現在、未来を見せて改心させるストーリーです。

映画ではのツッコミどころはあるものの、ここでは横に置いといて
ふと、あることを考えてしまいました。

今日本の総理大臣は戦争のできる国にしようと、
憲法無視の集団的自衛権に法律を変えようとしています。

三人の精霊に登場願って、日本の過去、現在、未来を総理に見せて、
間違った方向に日本の舵取りすることを止めさせてもらえないかと思ったのです。
どうでしょうね〜♪

スクルージは最後に改心するんです。
良心が残っていたんですよ。
案外いい奴なんだな〜と思いました。

さて総理はどうなんでしょう?

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
2015-07-19 (日) | 編集 |
アンテナの障害でテレビが見えません。
こんなとき撮り溜めの録画がとても重宝しています。
日曜日の奇皇后の時間までに直ればいいと思うのだが、修理依頼が遅れてるため無理かな。

ショーンコネリーの「理由」を再度鑑賞しました。
いつ見たのか思い出せません、5年前なのか、10年前かそれ以上か・・・
内容もぼんやりです。レンタルで見た記憶だけです。

理由

話が進んでも一向に記憶がよみがえりません。
こんなことは今までなかったことだよ、本当に参ったな〜。
歳のせいか、痴呆の前兆か、アルツハイマーの一歩手前かと、
不安になっている自分がいた。

そんな訳(理由)である意味新鮮な思いで楽しめました。
しかしな〜・・・しくしく (T T)てな思いですわ。

1995年の映画なのでネタバレで言っちゃいますが、
無実の罪で死刑宣告されたボビーを助けたポール(ショーンコネリー)とその家族を
ボビーが殺そうとするのです。
ポールは命の恩人でしょうに!
なぜ?

それも全然思い出せなかったんです。
ポールの妻ロリーが、ある裁判でボビーにとって不利な証言をしたことだったのですが。

それがこの映画のタイトル「理由」(Just Cause)になっているんでしょう。
なぜ? え? 何故・・・そんな感じで見てました。

サスペンス&謎解きも含んだ、とは言ってもハードじゃなく仕上がってるので、
よく出来た映画だなという思いだけ残ってました。
それは今も同じだったので、いくらかホットしました。(;^^;)汗

ショーンコネリーは歳をとって更に魅力が増したようです。

ポールの娘役ケイトがあの美人女優のスカーレットヨハンセンなのは新発見です。
すぐわかりました。
美人はどこまでいっても美人ですね。
可愛らしいが美人に変わった、そんな感じです。

日曜日の奇皇后がみれないのは参ったな〜・・・

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
2015-07-14 (火) | 編集 |
ジョコビッチがウィンブルドンを連覇しましたね。
ライブのため夜遅い放送だったのですが見ていました。(笑)
フェデラーの健闘も虚しく中盤以降はジョコビッチのサーブの鋭さが際立ちました。

時速200k超えですから恐ろしいですね。
一体どのくらい速いのでしょう?
新幹線の速度と同じということくらいはわかりますが、ピンときません。

秒速に直してみると556mです。
カチッとした瞬間556m先にボールがあるわけです。
う〜ん・・・100m走の5倍以上の距離ということになりますね・・・

センターコートの大きさはタテの長さは23.77m、ヨコの長さは8.23m。
このコートに合わせてみると打った瞬間から相手のコートに達する時間は
0.043秒
ヽ(*'0'*)ツ ワァオォ!!

ラケットを前もって構えて、打ち返す準備をしていないととても間に合いません。
サーブボールが4m幅の中に来ても場所によっては素早く移動する必要があります。
0.04秒以内にです。

プロ野球の投手が投げた最速が160k超えでした。
それをヒットさせることは非常に難しいのです。
なのにそれより40kも速いんです。
ラケットの面が大きいって言ったって、そんな速い球を打ち返すだけでも神業ですよ。

トッププレーヤーのサーブはほとんど200k超えです。
サービスエースでほぼ勝敗が決まってしまうのが現実です。
そしてその球を打ち返せる選手が優勝者なんだとわかりました。

錦織選手は今回足の負傷で途中棄権しましたが、
200k超えのサーブを常時持たないとウィンブルドンでの優勝は難しかったと思いました。
テニストッププレーヤーの条件は
200k超えのサーブとそれを打ち返す反射力。

結論があたりまえすぎました。m(_ _)m

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
2015-07-11 (土) | 編集 |
Unknown.jpg

スティーブンキングのダークファンタジー小説。
12歳の少年ジャックソーヤが母親リリーソーヤの病気を治すため、
タリスマンを求め、現実世界と異世界を旅するお話。

タリスマンがなんなのかはジャックにもわからないが、
西海岸(カリフォニア)の方にあるらしいと啓示を受ける。

異世界は魔法の支配する国。
ほとんどパラレルワールドなのだ。
リリーソーヤは異世界ではクイーンであり、同じく病に罹り死に瀕している。

立ち塞がる敵はジャックの父の元共同経営者モーガン・スロート。
異世界では強力な稲妻のようなエネルギー波を操り、相手を死に至らしめる。

ジャックの父は謎の死を遂げているのだが、物語が進むうちにモーガン・スロートによって
殺されたことがわかる。

スチーブンキングなので随所にジャックの行く手を阻むものが用意されている。
12歳の少年にとっては過酷すぎると思わざるを得ない展開なのだ。
日本で言えば中学一年生になったばかりの子供ですよ。

私はそんとき旅といえば、父の車に乗って東京へ行ったくらいで、
自分一人で行ったところはせいぜい自転車で隣町くらいのもんでした。

ジャックはほぼ大陸横断に近い距離をわずかなドルと異世界へ跳躍する
怪しい薬だけなんですから、読んでる方が気の毒になってしまう。

ジャックが途中で弱音を吐く箇所がいくつかあるのですが、
12歳の少年ですよ、弱音を吐いて棄権してもおかしくありません。
しかし母親を救いたい一心で諦めないんです。
実に健気と言おうか、男らしいと言おうか、たいしたもんなのです。

本当を言えば私もこんなファンタジーを経験してみたいなと、
思い馳せていた時期があったのです。
そんなことを思い出した小説でした。
面白い小説だと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村