FC2ブログ
転生したらスライムだった件を中心に、ドラクエ、エターナル・ラブ三生三世のコメント、感想など吐きます。
2015-06-29 (月) | 編集 |
梅雨なのにこの2日間は真夏のような日でした。
ベランダから見る月は遠く宇宙の果てを連想させるような気分にさせてくれるものです。
日々の忙しさは夜空を見上げ月を見れば忘れさせてくれます。

宇宙・・・なんて広大で深淵なんでしょう。
先日白熱教室を見て宇宙の未来を見せていただきました。
それによれば宇宙は膨張し続けるようです。

その仮説はアインシュタインの相対性理論や様々な理論、
数式を用いて説明していたので、岬もうなづくしかありませんでした。
これは凄いな〜
そんな感じです。

膨張スピードは180億光年過ぎると光の速さを超えるらしい。
宇宙の絶対速度は光の速度以上はないと聞いてたので、あれ?と思ったのですが、
それはあくまでも宇宙の中の物質の速さのことで、
宇宙空間そのものは今の所制限はないらしい。

膨張し続ければ今見えている他の星雲(銀河)は遠く離れていき見えなくなるとのこと。
もし人類がそんな未来まで生きているとしたら、
宇宙には天の川銀河しか見えないことになる。
つまり宇宙は天の川銀河しか存在しないのだ。

そういう時がくるのは2兆年先のことらしい。
へ?2兆年???
宇宙が誕生してまだ137億年、1000億年でもなく、5000億年でもない。
気が遠くなるほどの遠い、遠い、ず〜と遠い未来の話でした。

しかし・・・何か変だよ・・・

私たちの銀河にアンドロメダ星雲だったか何銀河だったか忘れたが、
少しづつ近づいてる銀河があり、いづれ衝突しひとつの銀河になると、
前のコズミックフロントで言っていたのを思い出した。

宇宙が膨張し星々(銀河あるいは星雲)が離れていくなら、
銀河同士が衝突することなどあるのだろうか?

ベランダから見る月はそれについて何も答えず、ただ輝いているだけでした。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村