FC2ブログ
転生したらスライムだった件を中心に、ドラクエ、エターナル・ラブ三生三世のコメント、感想など吐きます。
2015-01-27 (火) | 編集 |
唐獅子牡丹

あらすじ(プレビュー転載)
刑務所を出た花田秀次郎(高倉健)は7年ぶりに生まれ故郷の浅草に帰ってきた。現在の浅草の二大­勢力は老舗の皆川一家と新興の東雲一家で、玉の井遊廓の縄張りをめぐって対立していた­。彼は義兄弟の風間重吉(池部良)が代貸をしている東雲一家にワラジをぬぎ、昔世話になった皆川­を斬る羽目となる。しかも皆川の後妻になっているのは、かつての恋人だった芸者の雅代­だった。傷心の彼は上野剣一家の親分・剣持に皆川一家への助勢を頼み旅に出る。1年後­、舞い戻ると、東雲一家の皆川一家への仕打ちは目に余り、剣一家まで全員が斬り殺され­ている。そこで東雲一家の親分、下河原を斬るべく立ち上がるが、そのためには今は敵と­なった風間と白刃を交えることになった...。

高倉健の任侠映画の網走番外地より、この昭和残侠伝シリーズが好きである。
義理と人情を秤にかけりゃ〜・・・せなで吠えてる唐獅子牡丹〜♪は有名な歌だ。

これは未だ見てなかったので、100円と安いためレンタル鑑賞した。
高倉健と池部良の義兄弟の最後の東雲一家への斬り込みシーンは圧巻である。
片岡千恵蔵が上野剣一家の親分として登場し、機関銃であっさり殺されてしまう。
時代劇の大御所、そして忠臣蔵の大石内蔵助なども演じた大スターである。
それを脇役にしてしまう高倉健と池部良。
多くの男たちは高倉健の(死んでもらいます。)格好良さに魅せられたのであろう。

浅草に玉の井遊廓があったとは露知らなんだ。
浅草の歴史にも人々の深い思い、因縁があるものだ。

さて、義理と人情の任侠映画は今も脈々と受け継がれている。
あの超人気のコミック、ワンピースがそれだ。
ある対談番組で漫画家の尾田 栄一郎(おだ えいいちろう)が言っていた。
ワンピースの基本は任侠映画の義理と人情なのだと。

時代劇、任侠映画はSFや西部劇、ラブロマンスと同じくらい好きだ。
コメディやアドベンチャー、ヒューマンドラマもワンピースも・・・
節操なしだね、(笑) 好奇心旺盛ということで、ハイ(爆)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村