FC2ブログ
転生したらスライムだった件を中心に、ドラクエ、エターナル・ラブ三生三世のコメント、感想など吐きます。
2015-01-07 (水) | 編集 |
サニー

解説(映画.com解説転載)
1970~80年代の洋楽ヒットナンバーの数々で彩られ、2011年韓国で740万人を動員したドラマ。夫や娘にも恵まれ、何不自由ない生活を送っていた42歳のナミは、ある日、母の入院先で高校時代の友人チュナと再会する。25年前の高校生時代、ナミやチュナら7人の仲良しグループはずっと一緒にいると約束しあったが、ある事件がきっかけで離れ離れになってしまっていた。病気に苦しみ、最後にみんなに会いたいというチュナのため、ナミは当時の仲間を集めようと決意。各地に散った仲間を訪ねる旅の過程で、再び人生に輝きを取り戻していく。

感想
この映画はノスタルジーを感じる懐かしさの他に、ホットでウィットに富んだ映画と思う。
学生時代の役はポスター下の画で、大人の役が上の画になっている。
主役のナミの子役は、あの太王四神記の黒朱雀のスジニを演じたシム・ウンギョンです。
大人のポッキを演じてるのが、太王四神記のヨン夫人を演じたキム・ソンギョンです。
岬としては、これだけでノスタルジーです。(笑)

病気で余命いくばくもないチュナの子役のカン・ソラが(パパロッティの女子高生を演じた。)
一番いけてました。(好みもあると思うが・・・笑 )

ナミの娘(女子高生)がいじめにあって、母親のナミが仲間と女子高生の格好をして、
仕返しするシーンは笑えました。あれはもう親の願望を映画で実現してみた・・・感じです。
オチは警察に逮捕されてしまうが、娘に対しては親子の溝がかなり埋まったようです。
ひとつの願望とおとぎ話みたいなシーンでした。ハイ、是非はともかく面白かった。(爆)

大人のナミは、日本人俳優の誰かに似ていると考えていたら、菊池桃子に似てる。
松たかこに似ていた韓国女優もいたし、同じアジア人だからでしょうか?
探せばもっとたくさんいるような気がしますね。

韓国映画やドラマには結構面白い作品が多数あります。
これからも面白い作品は取り上げてみたいと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村