FC2ブログ
転生したらスライムだった件を中心に、ドラクエ、エターナル・ラブ三生三世のコメント、感想など吐きます。
2014-11-30 (日) | 編集 |
  キセイジュウ
岩明均による日本の漫画作品が映画になりました。
漫画や小説が最近映画になってますね。
ストーリーや発想が斬新でクオリティーが高いからと思います。
ノスタルジーも相まって、かなり期待してましたので、早速見てきました。

満席ではなかったですがマニアックにも関わらず、結構客は入ってましたよ。
客層は若い人が多く占めていました。
ざっと見て高校生くらいかなと思います。

開始時間を誤り10分程度ロスしましたが、内容は全て知ってますので態勢に影響ありません。
パラサイトのCGは白組が担当しており、完成度はかなり高いと思います。
今の技術があったから寄生獣の実写版が実現出来たのではないかと考えるのですが。

新一とミギーがAや島田とやりあうバトルはCGとは云え、かなり派手で手に汗握ります。

ジャンルはSFというより、スプラッタ恐怖映画に近いですね。
かなりグロいシーンがあります。
R18指定になってもおかしくないくらいでした。
小さい子を連れての映画鑑賞は親として避けたい感じです。

パラサイト系の映画は外国作品にもあります。
スピシーズなんかこのカテゴリーに入ると思います。
       スピシーズ
大きな違いは寄生獣は共存の可能性について、スピシーズは侵略の観点から描かれている。
国民性の違いが出ていて面白いなと思いました。

さて、映画館に行って気がついた事は寄生獣パート1だった事です。
つまり続編があり、来年の4月に予定されてるのが完結編なのです。
映画が終わった後、観客席から、「俺、絶対続編見る!私も!」と声がでてました。

彼らは恐らく、漫画を見ていないでしょう。
おじさんは全て見てるので知ってるよん。(o^∀^o)
でも完結編も見に行くからね。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村