FC2ブログ
転生したらスライムだった件を中心に、ドラクエ、エターナル・ラブ三生三世のコメント、感想など吐きます。
2014-09-17 (水) | 編集 |



遅ればせながらロビン・ウィリアムスのご冥福をお祈り致します。(-∧-)合掌

この映画を一度見た時には、あまり良い映画との印象がありませんでした。
好きな俳優が出ている割に盛り上がったのは最初の方「ウィルの才能を
教授ランボーがいつ知るかという一点だったように思えたからです。

子供の時に虐待を受けた人間が人間関係をうまく築けないため素行が悪くなる事は
頭でわかっても、どうして他人へあそこまで酷くあたれるのかと思ってしまい、
ウィルに感情移入出来なかったからでした。

二度目はTVでじっくり見る事ができウィルとショーン(ロビン・ウィリアムズ)の
会話の面白さ、台詞の良さを実感出来たことでした。

そして三度目は再放送の録画を見て、ようやく本当の良さが判りました。
ウィルと僅かばかりの友達との関係、ウィルとショーンそして教授ランボーとの関係、
ウィルと初めて出来た彼女スカイラーとの関係が実態を伴なって理解し得たからです。

子供の虐待のニュースなどを目の当たりにして理解が醸成されたことと、
ようやく感情移入出来た事がこの映画の良さの実感に繋がったと思います。

さてストーリーは
マサチューセッツ工科大学の数学教授ランボーが生徒に難問をだしますが、
答えられたのはアルバイトの清掃員のウィルだけだったという所が凄い。

ランボーはウィルの非凡な才能に目をつけ開花させようとセラピストを雇い、
診させるがウィルに適当にあしらわれ、皆診察を投げ出してしまう。
最後の切り札に学生時代の友人で心理学のショーン(ロビン・ウィリアムズ)に
引き受けて貰います。

この二人(天才と心理学者)のやりとりが胸を打ちました。
ウィルの皮肉と相手の弱い所をつき論理展開してくるところに、
ショーンの経験と実践による体験談で応対します。
その一部が次のショーンの言葉です。

「君は美術に詳しいだろう。
だが、システィナ礼拝堂の匂いは?あの美しい天井画を見上げたことが?ないだろう?」

「愛の話をすれば、愛の詩を暗唱する。
けれど、自分をさらけ出した女を見たことは?君のために現れた天使。
君を地獄から救い出す。君も彼女の天使になって彼女に永遠の愛を注ぐ。
どんなときも、ガンに倒れても……。
自分を愛するよりも強い愛で愛した誰かを失う。君はその悲しみと愛を知らない」

「君から学ぶことは何もない。本に書いてある。君自身の話なら喜んで聞こう。
それは嫌なんだろ?君はそれが怖い」

こうして、ひとつひとつ応対していくとウィルは自分と向かい合うようになっていきます。

そして喧嘩別れしたスカイラーがかけがえのない女性と気づき・・・

と行く訳ですが、台詞にこそ良さが散りばめられている映画と言えましょう。
マッド・デーモンも良かったですが、ロビン・ウィリアムズの良さが際立ってました。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村