FC2ブログ
転生したらスライムだった件を中心に、ドラクエ、エターナル・ラブ三生三世のコメント、感想など吐きます。
  • 06«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »08
2014-07-29 (火) | 編集 |
ハリウッド・ゴジラ映画を見てきました。
監督は日本ゴジラを限りなくリスペクトしているようです。
ゴジラ誕生の経緯を受け継いでるところはその現れであり、
芹沢博士の登場も初版ゴジラを意識したものと思います。

前半の舞台も日本になっています。
日本の興行の成功を当て込んでいるかもしれませんね。(笑)

ゴジラそのものも、ありかなと思うくらい似ているし、
ど迫力抜群です。
あの咆哮には畏れすらあります。

放射熱線を吐く前の背びれの輝きもゴジラらしさがでてます。

ストーリーも一部幼稚さはあるものの、
一貫した流れになっており満足いくものでした。

ただモナーク計画の説明(冷戦時代の米ソ核実験は
ゴジラ退治のためだった。)はいかにも誇示付けで
ご愛嬌といったところかと笑ってしまった。

ムトーがゴジラの敵役怪獣で、雄雌二頭いて、
凶悪怪獣になっている。
姿形はギャオスとカマキラスをかけ合わせた感じです。

放射能を餌にして電磁パルスを出すので、
現在のITを使用している近代兵器が使用出来ません。
人類が頼るのは最後にゴジラとムトーの共倒れです。

しかし良く考えたら放射能廃棄物を食べるムトーは
人類にとって有益な怪獣のように思えるのですが、
そこらへんがよくわかりませんね。

そういう見方もできるこのゴジラ映画は
見て損の無い怪獣映画といえましょう。
随所にゴジラらしさがでておりました。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
2014-07-22 (火) | 編集 |
米国映画新作GODZILLAが今週金曜日に上映される。

どのように仕上がっているか楽しみです。

テレビではこのところゴジラ特集で過去に作られた
映画がたくさん放映されていた。

初期のゴジラや怪獣対戦ものなど、
懐かしさも手伝って余さず見てました。(笑)

また当時の監督の話や音楽作りの内幕等の紹介番組もあり
大変興味深く拝見いたしました。

米国でゴジラがヒットした背景は
なんと日本製をPRから排除したためらしい。

そしてゴジラのネーミングの「ジ」に「DZI」をあてたことが
後の怪獣でありながら破壊の神を連想させることに繋がったと
している。

つまり GOD ZILLA は 神と 巨大な恐ろしいものを
言葉から連想させるらしいのだ。

それより岬はゴジラのあの目・・・三白眼が怖い。
あの三白眼で睨まれたらびびりまくるよ。

さて前回のハリウッドゴジラは期待を裏切ってくれたが
金曜日上映予定のゴジラはどうか?

日本製ゴジラに形は似ているが・・・
伊福部の音楽(ドシラ・ドシラ・・・)を超える音楽を聴けるか?

今から楽しみだ。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村