FC2ブログ
転生したらスライムだった件を中心に、ドラクエ、エターナル・ラブ三生三世のコメント、感想など吐きます。
2014-01-20 (月) | 編集 |
              夜のピクニック
『小説新潮』にて2002年11月号から2004年5月号まで連載後、
2004年7月30日に新潮社から発売され、第2回本屋大賞、
第26回吉川英治文学新人賞を受賞した。
また、2004年度『本の雑誌』が選ぶノンジャンルベスト10では
1位に選ばれた。
2006年9月に新潮社文庫でも発売された。(WIKIより)

読み終えるのに少し時間がかかったけど、
途中から勢いがついて一気に読んでしまった。

全校生徒が24時間かけて80kmを歩く高校の伝統行事「歩行祭」に
3年生の甲田貴子達とクラスメイトの西脇融達の不自然な関係を
解きほぐして行くドラマと言えましょう。

たったこれだけの事なのだが内容はそんなに淡白なものでなく
よくぞこれだけ盛り込めたなと恩田先生に感服する次第です。

西脇融(にしわき とおる)と甲田貴子(こうだ たかこ)は
異母兄妹。
父の葬儀の時初めてそのことを知る。
それ以来、融は妾の子貴子を嫌い通している。

同じクラスになってから変によそよそしくしている事が、
周囲には逆に意識しているととられ、
恋愛感情を抱いてるのではと思われている。

一方貴子は卒業を前に少しでもそんな嫌な関係を
改善しておきたいと思っている。

その最後のチャンスがこの「歩行祭」の一夜だったのである。

戸田忍(とだ しのぶ)は融の親友。
以前に内堀亮子と付き合っていたが貴子のことがすき。

遊佐美和子(ゆさ みわこ)
貴子の親友で和菓子屋の娘。北高男子の憧れの的。

榊杏奈(さかき あんな)貴子と美和子の親友で帰国子女。
2人には好きな人のことを打ち明けないまま、
高校3年生になる春に再びアメリカへ行ってしまう。

後藤梨香(ごとう りか)融と貴子のクラスメイト。

梶谷千秋(かじたに ちあき)
融と貴子のクラスメイト。
国立大文系を目指すクラスに所属している。
戸田忍に対して密かに好きという感情を抱いている。

榊順弥(さかき じゅんや)杏奈の弟。
アメリカに住んでいるが、
わざわざ日本までやって来て歩行祭に飛び入りで参加する。
実は去年も来ていた。

高見光一郎(たかみ こういちろう)
融と貴子のクラスメイトでロックをこよなく愛する。
昼間は死んだように静かなので「ゾンビ」とあだ名される。

内堀亮子(うちぼり りょうこ)
美和子のクラスメイトで、戸田忍の元カノ。
校内で付き合った男子は数知れず。融のことを狙っているらしい。
超打算的女と忍に言われている。

読んでいると昔の事が思い出され、とても懐かしい気分になった。
どんな世代も悩みや問題は抱えているものです。
向き合っている彼らにいつしかエールを贈っていた。

例え小説とはいえ彼らの気持ちが伝わってくるようでした。
恩田陸先生はこういう所が実にうまいなと感心しきりです。

6番目の小夜子の感想も近く書いてみたいと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村