FC2ブログ
転生したらスライムだった件を中心に、ドラクエ、エターナル・ラブ三生三世のコメント、感想など吐きます。
2014-01-23 (木) | 編集 |
都知事選の候補者が出揃った。
実質舛添氏、宇都宮氏、細川氏、田母神氏の戦いでしょう。
此の中で注目株は舛添氏と思っていた。
年齢、経験、リーダーシップ、見識、決断力など考えれば
頭一つ抜きん出ている・・・と思っていた。
不安材料は都議会や自民党がバックにつくことである。
いかな舛添氏であっても政治は一人じゃできない。
どうしてもバックの意向に操られてしまう。
それが政治なのだ。
都民の願いを受けた議員、つまり一部の有力者に左右されない
舛添氏に同調する議員が多数いるかという事が重要なのである。
TVマスコミの報道を見る限りでは残念ながら、いない。
利権に基づく政治を余儀なくされるのが目に見えている。
それが私の舛添氏に関する率直な見方である。

そこへ持ってきて原発のスタンスに失望した。
直ちに0にできないとか、経済を考えれば簡単に出来ないと言う。
原発を無くす方法論より、原発を止めるか、継続するかを
問われている。
止めると言えないのは継続と同じなのだ。
自民党都議会議員や自民党議員と同じ考えなのである。

真っ先に都知事から脱落である。

次に田母神氏。
私自身田母神氏は右寄りが強いと日頃感じている。
自衛隊出身だからかもしれないが国防しか頭に無い、
そのような印象しか無い。
もちろん今のままで国防は良いとは思わないが
国防ばかりの人が都知事に相応しいとは到底思えない。
また支援者に永遠の0の作者の百田先生がいるのに驚いた。
百田先生は戦争肯定論者ではなく、
国防論者であることはつとに有名である。
その考えで支援者になったのであろう。
だからと言って作家の価値が下がる事はない。
いい小説はどこまでいっても良い小説なのである。

田母神氏の原発発言にはぎょっとした。
この人はどこの国の人なのだろうかと我が目を疑った程だ。
原発で死んだ人はいない???
何μシーベルトは体にいい???
・・・???????
いうベキ言葉も見つからない。

宇都宮氏、
前回の選挙で彼の実力はある程度わかったと思う。
人間的には信頼できる人なのであろう。
政策についても都民よりで好感は持てるものの、
何故かインパクトに欠ける。
政治家タイプでないのだ。
力強さも感じられない。
近所の善良な爺ちゃん・・・そんな印象になってしまった。

仮に都知事になったとして都議会を向こうにして何ができるか?
やりたい事はみな棚上げにされて終わってしまうのではないか。
もっとも、それを言っちゃ御終いよと言われそうだが。

最後は細川氏
消去法で残ったのが唯一細川氏である。
オリンピック、原発政策、etc
ベストではないがこの中では許容範囲と言っておこう。
しかし彼にも不安材料はある。
また途中で投げ出さないかという事である。
自民系の多数の議員を相手とり、自らの政策を
押し進めることがどこまで出来るか。
この一点だろう。
当然バーターもでてくるだろうし、利権もある程度は
目をつぶらざるを得ないだろう。
そこをマスコミに叩かれても最後までやりとおせるか・・・
難しいだろうね。

政治は清き一票で選挙するものであるが
実際の政治はそんな奇麗毎ではないことは
わかりすぎるほどわかっている。
皆から集めた税金をどう使うかなのだから
右も左も真ん中もあるのだ。
そして八方美人にはなれない。

都民はどういう知事を望むのだろうか?

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
2014-01-20 (月) | 編集 |
              夜のピクニック
『小説新潮』にて2002年11月号から2004年5月号まで連載後、
2004年7月30日に新潮社から発売され、第2回本屋大賞、
第26回吉川英治文学新人賞を受賞した。
また、2004年度『本の雑誌』が選ぶノンジャンルベスト10では
1位に選ばれた。
2006年9月に新潮社文庫でも発売された。(WIKIより)

読み終えるのに少し時間がかかったけど、
途中から勢いがついて一気に読んでしまった。

全校生徒が24時間かけて80kmを歩く高校の伝統行事「歩行祭」に
3年生の甲田貴子達とクラスメイトの西脇融達の不自然な関係を
解きほぐして行くドラマと言えましょう。

たったこれだけの事なのだが内容はそんなに淡白なものでなく
よくぞこれだけ盛り込めたなと恩田先生に感服する次第です。

西脇融(にしわき とおる)と甲田貴子(こうだ たかこ)は
異母兄妹。
父の葬儀の時初めてそのことを知る。
それ以来、融は妾の子貴子を嫌い通している。

同じクラスになってから変によそよそしくしている事が、
周囲には逆に意識しているととられ、
恋愛感情を抱いてるのではと思われている。

一方貴子は卒業を前に少しでもそんな嫌な関係を
改善しておきたいと思っている。

その最後のチャンスがこの「歩行祭」の一夜だったのである。

戸田忍(とだ しのぶ)は融の親友。
以前に内堀亮子と付き合っていたが貴子のことがすき。

遊佐美和子(ゆさ みわこ)
貴子の親友で和菓子屋の娘。北高男子の憧れの的。

榊杏奈(さかき あんな)貴子と美和子の親友で帰国子女。
2人には好きな人のことを打ち明けないまま、
高校3年生になる春に再びアメリカへ行ってしまう。

後藤梨香(ごとう りか)融と貴子のクラスメイト。

梶谷千秋(かじたに ちあき)
融と貴子のクラスメイト。
国立大文系を目指すクラスに所属している。
戸田忍に対して密かに好きという感情を抱いている。

榊順弥(さかき じゅんや)杏奈の弟。
アメリカに住んでいるが、
わざわざ日本までやって来て歩行祭に飛び入りで参加する。
実は去年も来ていた。

高見光一郎(たかみ こういちろう)
融と貴子のクラスメイトでロックをこよなく愛する。
昼間は死んだように静かなので「ゾンビ」とあだ名される。

内堀亮子(うちぼり りょうこ)
美和子のクラスメイトで、戸田忍の元カノ。
校内で付き合った男子は数知れず。融のことを狙っているらしい。
超打算的女と忍に言われている。

読んでいると昔の事が思い出され、とても懐かしい気分になった。
どんな世代も悩みや問題は抱えているものです。
向き合っている彼らにいつしかエールを贈っていた。

例え小説とはいえ彼らの気持ちが伝わってくるようでした。
恩田陸先生はこういう所が実にうまいなと感心しきりです。

6番目の小夜子の感想も近く書いてみたいと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
2014-01-12 (日) | 編集 |
寒い日が続いています。
皆さん、お変わりございませんでしょうか。
忙しい日が続いてますが、忙中閑あり。
少しばかり時間がとれました。
その時、あの歌が頭をよぎりました。
囲炉裏はとうろとうろ・・・
曲名が思い出せなくて内容で検索したら出てきました。
「冬の夜」でした。
寒い日の夜にぴったりな曲ですが、
亡くなった父母の事も思い出しました。
小さい時に聞いた唱歌(学校で歌った記憶も・・)なので、
しっかりと父母の庇護をうけていたのですね。
その暖かさを思い出したようです。
今は丁度逆の立場で聞いてるのですが、
子供達はこの歌を知っているだろうか?
ふと感傷にひたりました。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
2014-01-01 (水) | 編集 |
絵馬2014
新年明けましておめでとうございます。
今年も宜しくお願いいたします。

今年もゆるゆるとブログを更新したいと思います。
何卒ご贔屓の程お願い申します。
よろしく♪ヽ(▽`ヽo)(oノ´▽)ノお願いします♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村