FC2ブログ
転生したらスライムだった件を中心に、ドラクエ、エターナル・ラブ三生三世のコメント、感想など吐きます。
2013-11-15 (金) | 編集 |
今、町工場が熱い!
不況で喘いでいた町工場が持てる技術を駆使して、
世界に誇れる人気商品を世に出している。
日本の技術はまだまだ世界で十分に通用すると、
ガイアの夜明けを見て感じました。
四つの町工場を紹介してましたので、
当ブログに取り上げてみました。

魔法のフライパン
魔法のフライパン

三重県にある錦見鋳造。
下請け鋳物工場として50年ほど続けてきた。
しかし、バブル崩壊後、受注が激減。
そこで、鋳物の技術を生かして「魔法のフライパン」を開発。
鋳物特有の熱伝導率の良さと、
遠赤外線効果で食材に熱が伝わりやすく、
料理がおいしく作れるという。
30ヶ月待ちの人気商品だそうです。

スズのぐい飲み
スズぐい飲み
富山県高岡市のスズ鋳物メーカー、「能作」。
創業以来、仏具の下請けを続けてきたが、
年々受注は減少していた。
そこで純度100%のスズを使った食器を開発。
スズは非常に柔らかいので、
ぐにゃぐにゃと好きな形に変えられるという特徴が評判になり、
欧米のレストランで大人気に…。
そして更に、新たな展開としてそのスズ加工技術を発展させ、
「富士山の形をしたぐい飲み」を開発したところ、大人気に。
微妙な山肌の表現に独特の加工技術が応用されているという。

無水調理器バーミキュラ
バーミキュラ

愛知県の鋳物工場「愛知ドビー」、密閉性の高い、
無水調理鍋「バーミキュラ」を開発。
水なしで、素材のおいしさを引き出す機能が大評判となり、
大ヒット。
アメリカでも販売を始めた。
こちらも半年以上の待ち商品とのこと。
手作りのため大量生産ができないのですね。

世界が認めた画期的な風車
グローバルエナジー

栃木県・岩舟町にある「グローバルエナジー」は、
少ない風で回るという画期的な風車を開発した。
韓国のある企業は2億5千万円のライセンス契約を
結ぶんでいる。
再生可能エネルギーの一翼を担うことでしょう。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村