FC2ブログ
転生したらスライムだった件を中心に、ドラクエ、エターナル・ラブ三生三世のコメント、感想など吐きます。
2013-09-06 (金) | 編集 |
スタートレック・イントゥ・ダークネスを見て気づいた事です。宇宙大作戦のカーンは優生人類と言われていたのですが今回の翻訳は超人類になっていました。単なる翻訳の違いかも知れません。しかし優生人類は遺伝子操作による身体的、知能などが普通の人類より優れている事を言っていた筈です。

超人はスーパーマンやエスパーのように人間に無い特殊能力を使えるような人をさしていたと思います。但しスーパーマンは人類ではなく宇宙人なので分類からすれば超人ではありません。ウルトラマンと同じカテゴリーになると思います。
ウルトラセブン スーパーバット



強化人間は遺伝子操作でもなく、テレポートやテレキネシスなども使える超人でありません。薬物や放射線などで肉体や知能を強化した人間と分類できると思います。

例えば強化人間では平井和正原作の「ウルフガイ」シリーズに出てくるCIAの刺客ブーステッドマンがこれにあたると思いますし、超人ハルクも実はこちらのカテゴリーに入るのではないかと思います。そして手塚治虫のビッグXも強化人間になると思います。
ウルフガイ  ビッグX



超人と言えばエイトマンにでてきた3人の少年少女がこれにあたります。Xメンなどもこちらにはいりますね。桑田次郎のエリートも実はこちらに入るのではないかと思います。エイトマンはサイボーグです。
エリート  エイトマン



遺伝子操作はダークエンジェルやスタートレックのカーンなどで題材としてはそんなに古くないのです。
gallery10.jpg


サイボーグはどちらに入るのだろうか・・・おそらく薬物でない、機械による強化なので大きな分類では強化人間に入ると思われる。しかしサイボーグはサイボーグと分類した方が判り易いですね。鉄腕アトムに出てくるホットドッグ兵団がサイボーグに入り、日本で一番早いサイボーグじゃなかったのかと思ったりしてます。(違うかな・・・)
アトム


スーパーマンは宇宙超人の分類にすれば実は一番早く登場している。1938年。

次が超人ハルク、1962年。

ビッグXが1963年、エイトマン1963年、宇宙大作戦1966年、ウルフガイ1970年、ダークエンジェル2000年

やはりアメリカがこのスーパーヒーローの分野でも先んじているようです。

とはいってもやはり日本の漫画が産んだスーパーヒーローが輝いてますね。あくまでも個人的な意見です。それに桑田次郎と手塚治虫命みたいな〜♪てへ(^_^;)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村