FC2ブログ
転生したらスライムだった件を中心に、ドラクエ、エターナル・ラブ三生三世のコメント、感想など吐きます。
2013-08-28 (水) | 編集 |
海賊と呼ばれた男上  海賊と呼ばれた男下

「永遠の0」を読み終えて直ぐ「海賊とよばれた男」を読みたくなりました。本屋大賞第一位の百田 尚樹の小説です。きっと私の知らない世界へ誘ってくれるに違いないと思ったからです。読めば読む程時間の経つのを忘れ、あっという間に読み終えてしまいました。所用日数は2日間ですから、読書ペースとしては早い方に入ります。
今日まで感想を書けなかったのは、ひとつに感動の余韻に浸っていた事と、書くべき事がたくさんあり、まとまらなかったためです。

出光興産の創業者、出光佐三をモデルにしたノンフィクション小説だと思います。城山三郎や高杉良も政財界を描いた作品が多く、同じジャンルの小説にあたると思います。

国岡鐵造(出光佐三)が主役のこの小説は日本人の偉人の一人を再発見したと思えるものだと言えるような気がします。一言で言えば男が男に惚れた・・・そう言っても過言ではないでしょう。その位この人のためなら命を削ってもついて行きたい、そう思わせる人に見えました。命をかけても悔いがない、かけがえのない何かを見いだせるような仕事は男冥利につきると思うのです。敗戦で何もかも失った国岡商店に残ったのは社員だけ。その社員が財産と言って憚らず解雇もせず雇用し続けた国岡社長(店主)の社員をとことん大切にした考えは今の世にも十分通じる・・・いや、今の世だからこそ指導者に求められるものだと思いました。

会社としてはどうか、馘首なし、定年が無い、勤務カードが無い、など社員を信じている所から始まっている希有な企業です。現代の企業で繁栄しているIT企業でさえそのような定年なしなどの就業規則はありません。それでも自由闊達で風通しが良く、社員を大切にしている企業は伸びてはいます。

官僚と国岡商店 : 社員は家族と思っていたので決して社内に官僚の天下りはさせなかった。それゆえ官僚から意地悪され徹底的に業界から排除され続け、倒産寸前まで追い込まれそうになった。それでも官僚の天下りはさせないポリシーを貫き通した気骨ある経営者。今果たして、そのような経営者はいるだろうか?甚だ疑問です。官僚は今も昔もあまり変わらない自分たちの食い扶持しか考えてないようです。もちろん中には本当に日本や消費者のことを考えている官僚は僅かですがいたようです。今はどうなんでしょうね。実権を握っている官僚でそのような気高い人はいるのでしょうか?

七人の魔女 : 敗戦後、日本の石油エネルギーを牛耳ったのは、巨大国際石油資本「メジャー」たち。ガソリン、灯油は統制され、重油、軽油は質が悪く、値段も高い。頑然と立ち向かったのが国岡商店。メジャーの息のかかっていない会社を見つけ、メキシコまで買いに出かけメジャーを出し抜く。しかし、メジャー、国内同業他社の攻撃が執拗なまで続きそこさえも邪魔される始末。メジャーから独立して国営石油企業を手にしたイランは英国にホルムズ海峡を封鎖され石油を売りたくてもできないで困っていた。そして国岡は日章丸(後の日章丸事件)を駆使してホルムズ海峡突破を試み英国海軍を出し抜きまんまと石油を日本へ持ち帰る。拿捕されれば国岡商店は潰れることは間違いないので、この決断は歴史に残る大決断であった訳です。胸が熱くなるばかりです。

偉人と言われる人は誰よりも勉強をして、骨惜しみせず働き、そして苦境にあっても決して諦めず、人の繋がりを大切に考えていたようです。岬はただただ感動致しました。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
2013-08-21 (水) | 編集 |
これ程の小説だったとは・・・
風立ちぬを見て堀越二郎の零戦に興味を持っていた。
丁度東北の旅に出かけるので
車上で読むため何冊か買い込んだうちの一冊、
百田尚樹の『永遠の0』
250万部突破、本屋大賞受賞小説とあった・・・
詠み終えて、正にその通り、キャッチフレーズに違わぬ
納得のいくものであった。

       永遠の0

プロローグで一気に「永遠の0」の世界へ引き込まれた。
「あれはたしか終戦直前だった。
正確な日付は覚えていない。
しかしあのゼロだけは忘れない。
悪魔のようなゼロだった。
・・・・・・・・
八月に入ると、
戦争はまもなく終わるだろうと多くの兵士が噂していた。
あの悪魔のようなゼロを見たのはそんな時だった。」


司法試験に落ちて進路に迷う佐伯健太郎は、
祖母・松乃の葬儀の日に祖父・賢一郎には血のつながりが無いと
知らされる。
本当の祖父・宮部久蔵は60年前の太平洋戦争で
零戦パイロットとして戦い、
終戦直前に特攻として死んだ。
宮部の調査を姉に頼まれ調べて行くうちに、
天才だが臆病者のパイロットの人物評に落胆したが、
久蔵の「生きて家族の元へ、必ず還る」意思を知り、
最後まで調べる決意をする。
その久蔵が何故特攻に志願したのか・・・
真実を知った時健太郎と姉は祖父の深い愛を知るのだった。

零戦の性能は向かう所敵なしの強さに私は驚くばかりだった。
堀越二郎は素晴らしい設計者だった事がこの小説でよくわかる。
乗りこなしたパイロットの努力も大変なものだったに違いない。
それで何故戦争に勝利できなかったのか・・・
太平洋戦争の敗因を分析した書物や本がドラマ化され、
今では明らかにされている。
統帥権を盾にした軍部の独走や、責任を取らない体質が
敗戦を決定的なものにした。
またマスコミが国民に戦争を煽り、
する必要も無い戦争に突き進ませた。
たとえ軍部が強要したにせよ、
思いとどませるのがジャーナリストの使命ではなかろうか。
「明日への遺言」
「従軍作家たちの戦争」
「緒方貞子 戦争が終わらない 此の世界で」
「男子の本懐」
を見ると戦争がどれだけ馬鹿馬鹿しいかよくわかる。

兵士の扱い方も歴然と差が出ていた。
日本のお家芸になったQCサークルをご存知だろうか。
ボトムアップの職場の品質改善が目的なのだが、
しばしば安全もテーマになる。
働く人のうっかりミスを防止する馬鹿避けが
歯止めになるのだが、人を大切にすることが根底にある。
米軍兵士は戦闘時、危険回避を徹底していた。
兵士を大事に守る思想が米国にはあった。
しかし日本兵士は戦争時から赤紙一枚で消耗品扱いだった。
そのため最後は特攻などと悪魔の所行としか思えないような
ことを強いたのだ。
QCサークルお家芸の日本が・・・(涙)

宮部久蔵の真の姿が見えてきた時、
忘れていた日本人の美徳が目の前にこつ然と姿を現わした。
天才で、臆病で、必ず生きて帰ると約束した人が、
特攻を志願した意味を・・・
そして久蔵の深い愛が私の胸をうった。
嗚咽が漏れないように、どれほど苦労したか。
しかし溢れる涙をせき止めることはできなかった。
帽子をかぶり、メガネをしていて良かった。

この小説が映画になることを知った。
上映は2013年12月21日らしい。
主題歌を歌うのはサザンオールスター、いいね。

キャスト
宮部久蔵 - 岡田准一(V6)
佐伯健太郎 - 三浦春馬
松乃 - 井上真央
佐伯慶子 - 吹石一恵
清子 - 風吹ジュン
賢一郎 - 夏八木勲
井崎 - 橋爪功(青年期:濱田岳)
武田 - 山本學(青年期:三浦貴大)
景浦 - 田中泯(青年期:新井浩文)
大石 - 染谷将太
小山 - 上田竜也(KAT-TUN)
山田 - 佐々木一平
伊藤 - 青木健
香川 - 遠藤雄弥
寺西 - 栩原楽人
長谷川 - 平幹二朗

是非みたい映画だ。
今年一番の小説だと思う。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
2013-08-19 (月) | 編集 |
東北の旅最終日は八重の里、会津若松にきました。
会津若松駅前に白虎隊の像が歓迎してました。
ありがとなし。(❀ฺ´∀`❀ฺ)ノ
IMG_0281_convert_20130819034041.jpg

これから飯盛山を目指します。もちろん歩いて行きますよ。
30分も歩くと見えてきました。
あれが白虎隊が祀られている場所です。
IMG_0282_convert_20130819034117.jpg

石段は182段ありました。
右側に有料エスカレーターがありましたが利用しませんでした。
石段を数えたかったのです。
上がりきると少年武士慰霊碑があります。合掌。
IMG_0287_convert_20130819034204.jpg

ローマ市寄贈の碑もありました。
IMG_0289_convert_20130819034241.jpg

白虎隊が自刃した地が右の階段をおりた所にあります。
IMG_0291_convert_20130819034325.jpg

鶴ヶ城を見ている少年の像が・・・さぞ無念であったろう・・・
IMG_0292_convert_20130819034413.jpg

そこから見下ろす会津の街は美しかった。
IMG_0293_convert_20130819034449.jpg

会津は賊軍などではなく、
武士として主君のために戦っただけなのだ。
ここに会津っこ宣言がある。
よい言葉だなし。
IMG_0294_convert_20130819034529.jpg

後は歩いて帰るだけです。
しばらく歩いてみると線量計があるではないか。
0.094μSvと表示されてました。
IMG_0295_convert_20130819034625.jpg

振り返ってみれば、5日間の旅はあっという間でした。
私にとって、もう一度東北を見つめなおす旅だったのです。
東北は良い所がたくさんあります。
東京電力、政府のみなさん、福一を早く収束させてください。
復興予算の流用をやめてください。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
2013-08-18 (日) | 編集 |
青森から仙台は結構長い距離でした。しかし列車の旅は快適です。両手が使えるため好きな事ができました。今回青春切符18を利用しました。五日間乗り放題で11,500円と割安です。しかも乗り降り自由のため好きな所を見る事ができました。

IMG_0274_convert_20130818105901.jpg

仙台七夕はアーケードの中に展示されます。7日から9日までの3日間の祭りです。混雑して人の頭しか見れませんが上を見て歩けば大丈夫。しかし、スリにはご用心です。(^^;)
IMG_0279_convert_20130818110036.jpg

これは朝早く撮ったアーケードです。人がまばらで飾りがよく見えます。
IMG_0280_convert_20130818110106.jpg

仙台の夕食は弟と牛タンです。この太助は美味しくて地元では人気店なのだそうです。実際美味しかったですよ〜♪
IMG_0275_convert_20130818105933.jpg

厚切り牛タンを炭火で焼いたものです。GOOD!
IMG_0277_convert_20130818110005.jpg

さて東北三大祭りも堪能したので、残るは最終日、会津です。白虎隊の墓参へ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
2013-08-17 (土) | 編集 |
スタートレック イントウダークネス 先行上映を見てきました。ずっと長い間待っていたものですから2Dだったのですが迷わず見てきました。ここではネタバレしないようにあらすじは言いません。

20:15からの上映でしたが満席に近い入りでした。三日間の先行上映ですので明日、あさっては多分混むと思われます。女性客も多いのには驚きました。(日が変わっているから今日、明日か・・・苦笑)

ベネディクト・カンパーパッチを悪役に持って来たのは正解でしょうね。強い悪役がいれば主役が輝くのです。カンパーパッチの配役名はハリソンです。しかし、本当の名前がその裏側に・・・それを知った時物語は中盤を過ぎていました。

スタトレファンなら成る程と頷くと思います。JJエーブラムすは良くスタートレックを研究していますね。少し言えば・・・(笑)・・・ミスタースルー(岬のアイコンですよ〜)が艦長に一時的になるんですよ〜♪ひゃひゃひゃ〜♪(私じゃないのにうれち〜のね〜・・・)。で、マッコイがスルー艦長を評価するところが、これまた・・・ひゃひゃひゃ〜♪

・・・ゴホン。細かい所でなんで?という箇所がいくつかありましたが、総じて良い出来になっていると思います。(もちろん贔屓目ありんすよん。だってしょうがないでしょう・・・好きなんだもん。)

観客は終了ライトが点灯するまで殆ど席をたちませんでした。次回作品の予告があるかもとの期待があったのではないかと思います。(私はそう思っていたのですから。しかしありませんでした。残念!)

来週は3Dを見るつもりです。それとね、ここだけの話ですが・・・にゃははは^^、今月末にマンオブスティール(スーパーマンの新作ですよ。^^)があるのよね〜。楽しみでやんすね。(わくわくドキドキ)

ウルバリン、キャプテン・ハーロック、ガッチャマンもあるしね〜
♪☆キャハハ o(≧▽≦o)o(≧▽≦)o(o≧▽≦)o キャハハ☆♪(爺のくせに年考えろなんていわないでね〜^^;; )

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
2013-08-16 (金) | 編集 |
秋田を10:00出発、青森に着いたのが13:40分。思ったより近い感じがしました。目の前の通りが新町通りです。懐かしさ一杯ですが町並みはすっかり変わっていました。ねぶた漬の看板が目を惹きます。
IMG_0244_convert_20130815005727.jpg

そしてアウガという建物に地域の物産店が集まって地元ばかりか観光客相手に物産品を販売しています。
IMG_0241_convert_20130815005631.jpg

地下は魚市場が占めていました。食堂もあり、よくテレビで放送していた新鮮な魚介類を使った「海鮮丼」などもありました。また大間のマグロの頭が売られてました。
IMG_0240_convert_20130815005519.jpg

祭りが始まるまで時間がありましたので、チェックインした後、青森港にいきフェリーを見たり、
IMG_0247_convert_20130815005809.jpg

出番を待っているねぶたを見学して回りました。大勢の観光客も同じ思いで(たぶん・・・^^;)見に来ていました。
IMG_0248_convert_20130815005900.jpg

こんなのもありました。
IMG_0249_convert_20130815005935.jpg

これなんかも凄いですね。♪♪(●^∀^●)♪♪
IMG_0252_convert_20130815010015.jpg

さて時間の経つのも早く、沿道はねぶたを見ようとする見物客で溢れてきました。
IMG_0255_convert_20130815010106.jpg

7時になると、いよいよ始まりです。お囃子と共に向こうからねぶたがやってきました。闇に浮かぶねぶたは秋の刈り入れを前に、一年間の無事と秋の豊作を祈念するような希望と明るさを、皆に照らしているような、そんな気がしました。
IMG_0259_convert_20130815010246.jpg

青森の夏は短いのです。それを愛おしむように「ねぶた」は一層光り輝いているのではないかと思ったりします。
IMG_0260_convert_20130815010344.jpg

さて中でもこの「ねぶた」が今年の大賞です。日立株式会社の出展です。おめでとうございます。
IMG_0267_convert_20130815010424.jpg

私にとって青森は一番心に残る思い出の地です・・・弘前公園での桜見物、奥入瀬の散歩、十和田湖ドライブ、酸ヶ湯温泉、津軽、下北半島、八戸・・・思い出がぎっしり詰まっています。じゃによって、ここ青森に一番時間をとりました。

IMG_0256_convert_20130815010203.jpg

ねぶたも終わりに差し掛かりました。ひとつ残念だったのは「はねと」(ねぶた衣装、ゆかた、鈴、笠、足袋など)の爆発的な踊り(はねるといいます。)が見られなかったことでした。極僅かにはねる人がいて、見物客から盛大な喝采を浴びていましたが・・・
そういえば「ががしこ」(手に乗る程の金属でできたビーカーみたいな形のお皿)を持っている「はねと」が皆無でした。もしかしたら禁止されたのかもしれません。
昔は角角に振る舞い酒が用意されていて、その「ががしこ」で飲んだものです。酔っぱらいがでて喧嘩になり、流血騒ぎに発展したこともあるので、たぶんなくなったのですね。

気がついたらお腹がないてました。(爆)大きめのビールに・・・
IMG_0272_convert_20130815010539.jpg

ビーフのビール煮を頂き、青森の夜を満喫する事にしました。
IMG_0273_convert_20130815010610.jpg

次の地は仙台です。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
2013-08-14 (水) | 編集 |
何十年ぶりだろうか、
秋田駅に降り立ったのは8月5日19:00頃でした。
昔の懐かしい思い出が一瞬にして蘇り、
若かったあの時へ戻ったような気がしました。
この夏は人生の区切りとして、
東北の夏祭りに焦点をあて、
旅行の計画を立てていました。
この日がその初日で東北三大祭りのひとつ、
秋田竿灯祭り見学です。
今は観光旅行社のパンフレットを見れば
十大祭りになっている模様ですが、
当時は青森ねぶた、仙台七夕、秋田竿灯が
東北三大祭りだったのです。
そこへ山形の花笠祭りが加わり、
四大祭りになりました。
其れ以降は何が加わったか詳しくは知りません。

さて、アーケードの中に竿灯の飾りがありました。
このずっと先の通りが竿灯の演舞場です。
IMG_0226_convert_20130813231401.jpg

見物の前に腹ごしらえです。
露天商がたくさんでていました。
この味噌たんぽは美味しかったですね。(^^)
(きりたんぽに味噌をつけて焼いたもの)
IMG_0227_convert_20130813231434.jpg

たくさんの見物人(観光客、地元の人など)や警察の方が
竿灯の周りに群がっていました。
IMG_0233_convert_20130813231511.jpg

みんな短い東北の夏を惜しむかのように、
大きなかけ声をだしていました。
IMG_0237_convert_20130813231549.jpg

秋田の飲み屋の繁華街と言えば、川反になります。
当時とそんなに変わっていない事に少なからず驚きました。
店の入れ替えはあったようですが、
街の模様は変わっていないというのが私の実感です。

宿はこまち温泉です。
サウナがあり値段も安く良い所でした。
朝食はバイキングで写真の他にも飲み物や果物がありました。
IMG_0239_convert_20130813231620.jpg

次は青森ねぶたです。(^_^)V

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
2013-08-03 (土) | 編集 |
楡家の人びとを読んで見たいと思ったのは、北杜夫が斎藤茂吉の息子だと知ったからです。斎藤茂吉は精神病医学者として有名で、何冊かその系統の本を読んで興味を持っていました。斎藤一家をモデルにした作品はそんな私の好奇心を十分に満たしました。

北杜夫自身も患者として作中にちょいと出てきます、断言はしませんが恐らくそうだと思います。何時だったかテレビで北杜夫自伝のドラマを放送したのを見て、彼が極度の躁鬱病だったと告白していました。しかし病気を治そうとせず病を楽しんでいたそうです。それを知って益々興味を持った次第です。

楡家の繁栄から没落までを大正時代から終戦までの時代背景で描いている。庶民にとっては羨ましい一家に思えたが、そこで暮らす家族は必ずしも幸せばかりでなく、嫉妬や僻み、失望、緊張などがあり、改めてどこも似たような面があるんだなと感じました。

関東大震災にあい、軽井沢から青山まで歩いて帰る場面があります。『風立ちぬ』とほぼ同じシーンです。朝鮮人暴動のデマも同じです。あの震災の時は略奪、暴動が少なからずあったようですから虐げられていた者がこの時憂さを晴らすと思っても不思議はなかったでしょう。日頃の良き付き合いが何より大切ですね。

戦争の悲惨さも描かれています。俊一が南の島で食糧難に苦しみ餓死寸前まで追い込まれる場面はまるで生き地獄です。飽食の日本に住んでる今の人々には想像すらできないでしょう。何しろネズミすら取り切って、いないのです。戦争は人間の尊厳ばかりでなく、全てを奪い去ります。一部のエゴの塊の人によって戦争を強いられるのです。それは歴史が物語っています。

戦争のできる憲法改正など拒否します。いろいろ考えさせてくれる小説でした。
下記にあらすじなどをWIKIから抜粋しております。


[READ MORE...]
2013-08-02 (金) | 編集 |

昔好きで歌っていたタイトルが思い出せなくて、
カラオケリクエストができなかったけど、
親切な人がこれではと教えてくれたのがドンピシャでした。
もちろんカラオケで歌いましたよ。(^^)v
やはり良い歌だな〜♪

そしてジョニーはジョニーでも高橋真梨子のジョニーは、
また違った良さがあります。
先だってTVで拝見しましたが、
すっかりおばちゃんになっていました。
それでも年を感じさせないんだよな〜♪


彼女の歌はじっくり聞かせる所があって好きです。
そしてあの歌もそうなんですね・・・えっ!(笑)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
2013-08-01 (木) | 編集 |
朝夕少しばかり涼しいこの頃です。
とは言っても日中の暑さには辟易ものでしょうが、
皆さんどうお過ごしでしょうか。
来週辺りから猛暑が続くとの予報です。
くれぐれも健康にはご留意くださいませ。

さて夏と言えば涼をとるにはこれでしょう〜
IMG_0638_convert_20130801070119.jpg
しろくまくん。
かき氷タイプの練乳アイス。
甘くて、冷たくて、シャリシャリと歯触りが良い。
お値段は31よりちょい安めの290円。
最高でやんす。

そしてフルーツは欠かせません。
特におすすめはこれです。
IMG_0639_convert_20130801070156.jpg
「貴陽」
すももです。
すももにはいろんな種類がでております。
大ぶりな「太陽」も同じ品種だと思います。
甘酸っぱくて、歯ごたえが良く、
大きいため食べ応えもあります。
値段は2個で390円とちょい高めですが、
価値は十分にあります。

此の他にソルダムなんかも好きですね。
夏は甘いだけでなく、酸味が程よくある果物が好きです。

もちろん、夏の果物は全て好きですよ。
秋の果物もね・・・(全部じゃないか)(笑)
へい、私はあまり好き嫌いがありませんでつ。(爆)

ついでにと言ってはなんですが、
電気が足りないキャンペーンは化けの皮が剥がれましたね。
猛暑日がずっと続いていた日にどこか停電しましたか?
どこもしてませんよね。
我が家はあちーので、エアコンをしっかり使ってました。
熱中症なんてまっぴらごめんなので。

あの54基の原発は大飯だけでしょう〜動いてたのは。
後は無用の長物、もとい、無用の毒物でしょう。
電気料金が上がったのは原発のせいなんですよ。
動いてなくても原発コストは電気料金に転嫁されてるの。
毒は撒かれて、踏んだり蹴ったりですね。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村