FC2ブログ
転生したらスライムだった件を中心に、ドラクエ、エターナル・ラブ三生三世のコメント、感想など吐きます。
2013-07-26 (金) | 編集 |

この一週間はとても充実した毎日でした。孫が夏休みに入ったので、ポケットモンスター「神速のゲノセクト、ミュウ2覚醒」を見に連れていったり、子供達が全員勢揃いしたため食事会にでかけたりと、家族との良き思いで作りが出来ました。赤ちゃんもスクスク元気に育っています。首はまだ据わっていないが、恐る恐るようやく抱っこすることが出来るようになりました。すこぶる順調でとても嬉しいものです。

そんな中、宮崎駿監督の最新作「風立ちぬ」を見てきました。ジブリ作品は見逃せません。題名の意味を調べてみました。沢山ありましたが以下の意味が一番腹に落ちました。

「風立ちぬ」の意味(Yahoo知恵袋より)
堀辰雄の『風立ちぬ』で何度も作中に引用される詩の「風立ちぬ、いざ生きめやも」とは20世紀を代表する象徴派の詩人・ポール・ヴァレリーの『海辺の墓地』の最終節の冒頭句
"Le vent se lève, il faut tenter de vivre.”
の訳で、
"The wind is rising! . . . We must try to live!"
と英訳されています。
(なお象徴派研究の権威鈴木信太郎博士はこの句を「風 吹き起こる……生きねばならぬ」と訳しています)

少年が飛行機で空を飛ぶ夢から始まります。これを見て幼かった時見た夢で空を飛んだときの事を直ぐに思い出しました。今思えば空を飛ぶ夢は自由の象徴であり、未来に対する希望だったような気がします。少年の夢は大きな飛行機に阻まれバラバラにされて、地上に落とされ目覚めます。大人の気持ちを掴み「風立ちぬ」の世界へグイグイ引っ張りこむ素晴らしい出だしと思います。

時代背景は大正から昭和、幾多の困難な時代を飛行機作りに情熱の全てを傾け、愛する人を一途に想い生き抜いたことが描かれている。二郎と菜穂子との出会いは大震災の最中ですが後に二郎は飛行機開発技師になり軽井沢に静養に来て再会する。それは風が強く吹き、青空に大きな雲が浮かんでいる下で絵を描いている時でした。

このラブストーリーはどこかで見たことがあると思ったら、三浦友和と山口百恵の主演作品、映画「風立ちぬ」でした。場所は軽井沢、結核で療養所暮らしをして最後は病に負けてしまう所はそっくりです。DVDがでておりますので、この映画もおすすめです。今では結核は抗生物質で完治しますが、当時は不治の病でした。伝染性があるためサナトリウムなどへ隔離されて療養生活をおくっていたらしい。

二郎と菜穂子の生活は涙ぐましくて、胸が詰まる思いです。あの時代の愛の形は静かで深く、お互い強い思いやりで支え合っていたと思われます。不自由な時代であったため、深い結びつきが必要であったのだろうと思います。

さて、もう一方の飛行機開発のストーリーは実に丁寧に、且つ見ている観客を魅了するように仕上がっています。ズバリ零戦つくりがベースになっている。機械いじりが好き、開発エンジニアになりたい、作る事に情熱がある、などなどの人達には見逃せないでしょう。ここでいくら文章にしても全てを伝えることは出来ない。是非見て体感して欲しいと思います。(文章力がないので逃げました。てへっ(^^;))

最後に監督が試写会で初めて涙を流したらしいですが、あの涙は映画の出来映えより、今まで宮崎映画作りに貢献して来た人達への感謝の涙だったのではないかと思っています。庵野さんをはじめ、多くの関係者を声優として出演させていました。あれは宮崎監督の精一杯の恩返しではなかったのではないかと思った次第であります。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
2013-07-22 (月) | 編集 |
生活の党は残念な結果になってしまいました。
敗因はわかりませんが知名度ではないかと思います。
皆さん選挙運動は頑張っていらっしゃいましたが、
結果を見ればわかるように知名度がある政党がやはり票を集めたようです。
期日前投票で「生活」「太田かずみ」と書きましたが、
候補者リストを見た時に一抹の不安を感じました。
すっかり埋没していて判りにくいのです。

政党名もコロコロ変わりました。
あれは良くない。
終わってからあれこれ言うのは気が引けますが、
生活の党で今後も地道な活動をされることを希望します。
選挙の時ばかりでなく終わった時からの活動が重要です。
批判も大切ですが常に前向きにこれをやりたいと発信する事が大切です。
生活の党の認知度があがりますよう、
微力ですがこれからも支援してまいります。

山本太郎さんが当選した事は脱原発を支持する有権者に取って、
大きな朗報でした。
引き続き頑張ってください。

見たらブログ村ボタンをポチっとお願いします。(*゚▽゚)ノサンキュー
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
2013-07-21 (日) | 編集 |
デンゼル・ワシントンの新作映画でレンタル始まったばかりです。本当は劇場で見たかったのですがタイミングが合わずレンタルを待っていました。

アルコール依存症のパイロットが勤務中も酒を飲み重大事故を起こすが、実はその事故の原因は飲酒ではない事が航空事故委員会の調査で明らかになる。彼を救おうと友人、弁護士が立ち回るが彼の悪癖は一向に治らず最終の公聴会の前夜とんでもない失敗をやらかします。

見た後これも一種のアルコール依存症の悲劇を描いた作品かなと思いましたが、そればかりではなく神に誓って証言することは最後のチャンスということを言いたかったような気がします。実際この立場に立たせられたら自分ならどう証言するか、正直難しいでしょう。

ウィトカー機長の治らぬ悪癖にイライラして見ていましたので最後の審判には満足ですね。神への信仰が途中伏線ででてきますが終わって成る程と頷けました。アメリカは良いも悪いも神を信仰する国なのですね。(何を今更と思わないでください。笑)

さて今日は参議院選挙の日です。良いも悪いも選挙権のある人は投票にいきましょう。自分の意思は必ず一票という形で表しておかなくては。結果反対に転んでも個人の責任を果たすことはできたと胸がはれます。原発推進、戦争の出来る国、徴兵制度、TPP推進には反対の立場です。この選挙ではその意思を示す好機と捉えています。

見たらブログ村ボタンをポチっとお願いします。(*゚▽゚)ノサンキュー
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
2013-07-18 (木) | 編集 |

ジョゼフ・ゴードン=レヴィットとブルース・ウィリスの共演で繰り広げられるSF映画。2044年を舞台に、その30年後の未来から標的を送り込まれ処刑する。報酬は破格。

ジョーは、未来の犯罪組織の依頼で過去にタイム・トラベルしてくる標的を処理する殺し屋、通称「ルーパー」だ。しかしある依頼で処理することになったのは、30年後の未来からやってきた自分自身だった。未来の自分を殺せずに取り逃がしてしまったジョーは、彼が標的にしている相手が30年後に未来の犯罪王「レインメーカー」となる幼い子供であることを知る。(WIKIより)

ストーリーはテレキネシスとタイムスリップをベースにしてSF仕上げにした「レインメーカー」及びルーパー抹殺劇と言ったところ。ちょっと今までに見かけないストーリーなので結構面白い。

しかし、作者の意図は金銭欲と他人の犠牲も顧みないで生きて来た人間に良心を求めた時、どういう選択が一番正しいかを問いかけているような気がした。作者は最後にひとつの結論を示して見せたが、必ずしもそれが正しい決断かどうかは見る者の考え方、生き方によっても意見が分かれるような気がする。

30年後のジョー(ウィリス)はドラッグと欲望だけの生き方から、一人の女性と出会い初めて人間らしい生き方に目覚めるが、「レインメーカー」の手の者に女性は殺されてしまう。「レインメーカー」抹殺のため30年前にタイムリープする。

若いジョーは犯罪組織のボス(未来から送り込まれた犯罪組織の幹部)に拾われルーパーとして育てられ、ドラッグに溺れながらも金を貯めてフランスで気ままに暮らそうと夢見ている殺し屋。どこかに少しばかりの良心を持ち合わせているが欲望には勝てないでいる。

「レインメーカー」の該当者がある一人のルーパーの犠牲により3人まで絞り込まれる。最後の一人が「レインメーカー」なのだが母親の愛情に飢えたトラウマを持っている。激すると凄腕ルーパーでさえ粉微塵にするテレキネシスを発動する。

欲望と良心と自己犠牲が根底に流れている。オールドジョーの言い分、ヤングジョーの言い分、どちらも間違っている訳ではないが、同じジョー頑固なのである。まるでボイジャー最終回のキャスリン・ジェインウェイ艦長を見ているようだ。見て損はない映画と思う。

見たらブログ村ボタンをポチっとお願いします。(*゚▽゚)ノサンキュー
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
2013-07-17 (水) | 編集 |
ポールマッカートニーが40数年ぶりに日本にやってくる。今でもビートルズのファンである小生はそのニュースに興奮したのである。ビートルズナンバーで一番好きな曲がこれだ。

女子校の音楽祭で聞いて以来すっかり魅せられてしまった。二番目以降は気分で変わるがこの曲をあげたい。

同じクラスの背が一番高いイケメン(当時は二枚目の表現が主流)が冬の南湖公園の氷の上をスピードスケートで疾駆していた光景を思い出す。奴はしょっちゅうこの曲を聞いていた。三番目はこれだ。

社会人になり地方を車で飛び回っていた頃によく聞いた曲である。あの頃の青春時代を思い出す一曲である。
そして四曲目がこれだ。

学生時代に寂しい思いをした人は少なくないであろう。小生はそんな時によく聞いたものだ。そんな時、この曲もついでに聞いていた。五曲目にあたる。

その他にもたくさんあるが小生のIPADの中にビートルズアルバムが納められておりいつでも聞けるようになっている。できたらポールマッカートニーを見にいけたらどんなに嬉しい事か・・・

見たらブログ村ボタンをポチっとお願いします。(*゚▽゚)ノサンキュー
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
2013-07-14 (日) | 編集 |


除染実施同意書がやってきた。どれが一番正しい選択かしばらく考えてみる事にした。しかし回答期限をせまっている割に期日が書いていない。同意条件も不親切極まりない。腹立たしい限りだ。

見たらブログ村ボタンをポチっとお願いします。(*゚▽゚)ノサンキュー
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
2013-07-10 (水) | 編集 |
参議院選挙が真っ盛りの中福島県の候補者の街宣運動がニュースで飛び込んで来た。生活の党推薦がえんどう陽子氏である。えんどう陽子(左のえんどう陽子をクリックすればURLページへジャンプします。)彼女は原発廃炉を全面にだし訴えています。氏の選挙に対するいきごみは「県内全原発の廃炉と一日も早い事故収束・除染・被災者への賠償を国に強く求め、憲法改悪にストップをかけ、国民のくらしと雇用・平和を守るために、勝利を目指して闘い抜きます。」とある。正に福島県の願いをそのまま選挙の争点にした内容になっている。

しかし自民党の候補者の訴えは如何なものか。応援演説に来ていた安倍総理を横に福島原発の廃炉を目指すとのたまった。安倍総理は世界最高の安全基準をもって原発再稼働を推進している人なのだ。世界最高の基準が原発事故なしという保証はどこにもないし、第二原発の再稼働をしませんとも約束していない。それで自民党候補者が脱原発をどうどうと主張しているのだ。二枚舌も甚だしいではないか。どの口が言うかと言いたい。

未だ収束していない福一の原発事故の現実を観て、如何に原発再稼働が無責任で愚かな決断か福島県民の懸命な参議院選挙の選択を期待したい。自民党の選択は間違ってもないと小生は思う。

選挙戦最中に吉田元福島原発所長の訃報が飛び込んで来た。心からご冥福をお祈り致します。合掌。ニュースでは彼の事故当時の決死の行動をどの局も一斉に報道していた。小生の知らない事も多く、初めて現場の苦労を知った次第である。何故そのことをもっと早く報道しなかったのか。枝野官房長官の「直ちに影響は無い」を何度も報道する時間はあっても吉田元福島原発所長の決死の報道などは殆どなかった。これほど酷い事はないであろう。死んでからあの人は偉かったと言われても本人にはもはや聞こえない。

マスコミの怠慢であり、報道責任の欠如が今の世の中の閉塞感を生み出している原因のひとつだと思っている。マスコミ各社には猛省を促したい。

私は元福島県民である。親戚、知人も多い。原発再稼働など「ならぬことはならぬのだ」清き一票で正しい選択を望む。

見たらブログ村ボタンをポチっとお願いします。(*゚▽゚)ノサンキュー
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
2013-07-09 (火) | 編集 |
参議院選挙は生活の党を応援しています。

政策が一番国民目線と考えているからです。

主要テーマは脱原発、譲れません。

弱者切り捨てのTPP反対に賛成。

憲法97条基本的人権を削除に反対。

立憲政治を脅かす96条改正に反対。

戦争できるようにする9条改正に断固反対。

以上の理由で比例は生活の党。

選挙区は太田かずみさんを支持します。

また小生、

過去の亡霊にかまってる暇はないので悪しからず。

ヽ(*`Д´)ノ


見たらブログ村ボタンをポチっとお願いします。(*゚▽゚)ノサンキュー
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
2013-07-02 (火) | 編集 |

2006年のイギリス映画。奴隷貿易廃止に貢献したウィリアム・ウィルバーフォースの半生を描く。タイトルは、奴隷船の船長だったジョン・ニュートンが作詞した賛美歌「アメイジング・グレイス」から採られており、映画はニュートンがウィルバーフォースに与えた影響についても描いている。(WIKIより)

あらすじ
1797年、英国の政治家のウィリアム・ウィルバーフォース(ウィルバー)は、心身を病みソーントン家で療養する。彼は、長年に渡り奴隷廃止のための法案を議会に提出したが、未だ実現させることはできず、夢の中でも奴隷達が苦しむ姿にうなされる。失意のウィルバーは、体調を崩し、アヘンチンキを服用するようになっていた。
ソーントン夫妻は、ウィルバーに結婚を勧め、彼より18歳も若いバーバラと引き合わせる。二人は反発するが、やがて双方が同じ考えを持っていることを知る。ウィルバーは、廃止運動についてバーバラに語りはじめる——
約15年前、もともと奴隷制に好意を持っていなかったウィルバーは、友人のウィリアム・ピットの紹介で奴隷廃止主義者達と知り合う。ウィルバーは聖職者と政治家の道の間で迷っていたが、彼らに奴隷制の現実を見せられ、若き首相:ピットの側近として奴隷貿易廃止運動に取り組む。元奴隷のエクィアノの伝記はベストセラーになり、世論を動かし、数十万人の署名を集める。議会にも廃止派の議員はいた。しかし、世代間の対立、フランス革命やナポレオン戦争の影響もあり、廃止法案は議会を通過するどころか、売国的であるとして受け入れられなかったのだった。
——まる一夜をかけてバーバラと話し合った翌朝、ウィルバーは彼女との結婚を決意するとともに、再び政治家としてのやる気を取り戻した。かつての仲間と再会し、策略も交えつつ、廃止法案は現実味をおびてくる。(WIKIより)

感想
英国が海賊の国から民主国家に生まれ変わったのが、この奴隷廃止法案成立の日だったのではないかと思います。米国でも長い年月と苦しみの努力があって奴隷制が廃止になったのです。最初は笑われて相手にされなかったが、正義感、良心、良識のある人間が多くの人の心を動かし、こうした差別を無くしてきたのです。そして必ずこうした人はどの国にもいると思います。

この映画にウィリアム・ピット役で新作スタートレックに出演する ベネディクト・カンバーバッチがでています。イギリスで人気の俳優でロンドン映画批評家協会賞助演男優賞にノミネートされたらしい。
これはスタートレックを観る前に是非観ておきたいお勧めの映画です。カンパーパッチ、なかなかいい役者です。

感動の映画、バグパイプで聞かせるアメイジング・グレイスもグッドな音楽でした。奇しくも参議院選挙が近く実施されます。脱原発は多くの国民の願いです。福一のような事故を二度と起こしてはいけません。金や効率重視が全てではないはず。やればできる。できるできるできる。人の良心、良識を信じて。

見たらブログ村ボタンをポチっとお願いします。(*゚▽゚)ノサンキュー
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
2013-07-01 (月) | 編集 |
昨日は朝早く娘の退院のためカミさんと病院へ向かう。婿殿のご両親と娘の家で出産祝いをする。これから一ヶ月間は自宅で娘と赤ちゃん、孫達と過ごす事になり幼稚園の送り迎え担当は小生の役目と相成った。婿殿は仕事の関係から一ヶ月間は一人暮らしだが、時間を取って我が家に顔を出してくれるだろう。

孫達は元気一杯でゆーくんとちょい自転車ツーリングをして愉しんだ。前を走る孫の自転車を観ているだけで目が細くなる。大きくなったものだ。これからもちょくちょく一緒にツーリングを愉しみたい。ちーちゃんは手をクビに巻き付けてきて愛くるしい。爺としては元気にまっすぐ育ってくれるだけで嬉しいのだ。

風力発電の環境アセスメントを観ていたら、怒りが込み上げて来た。可笑しすぎるのだ。学術調査を上回る位のアセスをしておきながら(鳥、植物から虫の一匹に至るくらいの調査をしているのに)原発のアセスメントと同じくらいのレベルでないから、やり直しときた。既に数千万円(8千万円以上だったらしい)以上費やしている。やり直しにまた2年近くかかるらしい。原発などは活断層があると言われても再稼働を強行しようとしているくせに、これはアセスメントに名を借りた再生可能エネルギーの実現を阻み、原発再稼働を目論んでいるに違いない。そうなふうに疑いたくなってしまう。

八重の桜をみていたら八重の悔しさ、西郷頼母一家の自害、そして白虎隊の無念さが伝わってきて号泣してしまった。(チトオーバーか、汗)歴史上展開がどうなるか知ってはいたが、目の前で繰り広げられては悲しくなるのは当たり前だろう。どちらが悪いなどとは思わないが元県民としては賊軍と言われても誰か一人でも生き延びて欲しいと、例えドラマでもそう思ってしまう。白虎隊の無念の自害は何度観ても痛ましい。これが戦争の実態なのだ。それでも憲法改正して第9条を変え、戦争できるようにしたいですか?今の平和憲法のどこが悪い!ふんとにも〜

参議院選挙がスタートする。各TV局は原発を巡って討論番組をたくさん報道し始めた。明らかな原発再稼働を促すような構成になっている番組も目立つ。観ていて朝日TVや東京TVがまだましかなと思えるが事実の掘り下げがまだまだ甘い。いっそ、ツイッターアカウントの脱原発者を出演させてみては如何だろうかと思う。そこらの御用学者よりはるかに知っている。視聴率は間違いなくあがるだろう。脱原発では生活の党、みどりの党、社民党、共産党あたりが終始一貫ぶれていない。仔細あって小生はそれも含めて生活の党を応援している。勝ち負けではなく、もはや意地だ!

Eテレ、味なまねをやってくれる。以前もさだまさしで見せてくれた。二時間という長い時間小生はTVに齧りついてみていた。舞台もあそこではないか。懐かしさばかりでなく、直ぐ目の前で展開されている光景に釘付けになってしまったのだよ。劇場では眠気をもようしたものだが、TVはまったく眠くなかった。データボタンであらすじや演者、背景などみれるので初めての人にも優しいと思った。益々のご繁栄を祈願いたします。

見たらブログ村ボタンをポチっとお願いします。(*゚▽゚)ノサンキュー
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村