FC2ブログ
転生したらスライムだった件を中心に、ドラクエ、エターナル・ラブ三生三世のコメント、感想など吐きます。
2013-02-08 (金) | 編集 |

最新作宇宙戦艦ヤマトを借りてきました。YOUTUBEで好きな音楽を聴きながらブログを書くのも乙なものです。ブログで紹介されていた通り、リメイクとはいえ中々良い出来です。第一話と第二話ですが昔見たヤマトをかなりな部分忘れていました。画のタッチは新しいけどカッコよく描けています。

VOL3までリリースされてますが生憎VOL2が貸し出し中のためVOL3は今回遠慮しました。このアニメは子供向けでなく対象は間違いなく大人向けです。演技に臭い所がありません。ここで登場する惑星間弾道弾は大陸弾道弾(ICBM)の進化形でしょう。爆発後のきのこ雲は核を連想させます。アニメとはいえ、あんなに近くで爆発させてはヤマトでも無傷ですまないなと思うのですが、少し考えるべきでしょうね。(苦笑)

冥王星の決戦は一方的にやられすぎです。せめて4対6とか3対7くらいにしておけばガミラス星人が地球に一気に攻め込んでこない理由にもなると思うのです。リメイク版ヤマトいいです。(≧▽≦)

ついでに復活編と完結篇を借りてきました。復活編は明日みるとして完結篇はやはり子供向けでした。沖田館長が生きていた設定です。ナレーションは俳優の仲代達矢のためアニメが重く、暗くなっています。敵星人に水惑星「アクエリアス」に住めなくされたディンギル星人です。移住先の地球を水惑星「アクエリアス」を使って人類を滅ぼそうとしています。


主題はヤマトを完結させることですが、そのためサブテーマを水惑星「アクエリアス」によって描いているように思えます。人類を誕生させたのが水惑星「アクエリアス」ということになっていますが、試練を与えて進化を促すのも水惑星「アクエリアス」だと言っています。そしてそれが愛だというのですが、その点は結構深いものがあります。「アクエリアス」の嬢王は(意識体)愛は良い事ばかりでは無く、つらく嫌なものでもあり、時には試練を与えると劇中で言っておりました。このアニメはそれを言いたかったのかもしれませんね。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
見たらブログ村ボタンをポチっとお願いします。(*゚▽゚)ノ