FC2ブログ
転生したらスライムだった件を中心に、ドラクエ、エターナル・ラブ三生三世のコメント、感想など吐きます。
2013-02-04 (月) | 編集 |
コロンビアーナ』は、リュック・ベッソン製作・脚本、オリヴィエ・メガトン監督、ゾーイ・サルダナ主演による2011年のフランス・アメリカ合衆国のアクション映画、日本公開は2012年9月1日である。つい最近レンタル開始です。

1992年、コロンビアのボゴタで両親を殺された少女カトレアが15年後、殺し屋となり、仇討ちをする。しかし敵はCIAに守られていて容易に手出しできない。叔父のマルコを頼り、殺しや家業をして敵をおびき出すためにサインを残すが、それが叔父家族に災いをもたらす事になる。

一方カトレアには恋人がいる。ダニーという画家の卵だが誠実で優しい彼はカトレアを愛している。まったく素性を明かさないカトレアに少しばかり距離を感じている。寝ている横顔をダニーは軽い気持ちで写メを取るのだが、これが後に大きな災いとなってカトレアを窮地に立たせる事になる。

ゾーイ・サルダナはスタートレックのウフーラの役も演じている。トレックファンなら黒人のウフーラを覚えているでしょう。精悍な顔立ちをしたセクシーな女優さんだ。彼女のアクションがまたいい。アンジェリーナ・ジョリーと比較しても劣らない。機関銃を二丁掃射するシーンはお見事である。CIAの幹部を狙撃しようとするシーンはまるでゴルゴ13ばりである。

冒頭の少女カトレアが敵の手から逃れるシーンも見所である。あんな小さな女の子が・・・凄すぎる。久々にアクション映画を堪能しました。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
見たらブログ村ボタンをポチっとお願いします。(*゚▽゚)ノ