FC2ブログ
転生したらスライムだった件を中心に、ドラクエ、エターナル・ラブ三生三世のコメント、感想など吐きます。
2012-10-15 (月) | 編集 |
大王四神記を連休中に通して一気見しました。やはりこの作品は良くできています。実在の韓国歴史上の偉大な王を題材にファンタジックに、スペクタクルに描いています。

登場人物の設定もよく出来ていて、各々魅力があります。王のタムドクと神官のキハに絞ってみれば、正しく浄瑠璃そのもの、見ているこちらは胸が熱く、切なくなります。

子を宿したキハは王と決別しなければなりません。断崖から飛び降り自殺を図る場面は何回見ても泣かされるシーンです。ここのキハの台詞に胸を打たれます。

そして子を産み落とし死んだとして、取り上げられてしまう場面は、子別れの段ではないでしょうか。またキハの妹が黒朱雀(覚醒したら世界を火の海にして滅ぼす)と言われ王の元を離れて行くのも、もう浄瑠璃と言わずになんと言えばよいでしょう。

韓国ドラマはきっと近松門左衛門を研究しているに違いないとふと思いました。このドラマの結末も素晴らしい出来です。

長い休暇を取っていました。今日からまた仕事です。残り時間は多くない、頑張らねばなりません。みんなはうまくいっているだろうか。少し心配です。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
見たらブログ村ボタンをポチっとお願いします。(*゚▽゚)ノ