FC2ブログ
転生したらスライムだった件を中心に、ドラクエ、エターナル・ラブ三生三世のコメント、感想など吐きます。
2012-10-01 (月) | 編集 |
中国との国交正常化記念式典があるこの時期に、何故日本は尖閣諸島を実効支配しているのにも関わらず、相手をわざわざ刺激する国有化を急いだのだろうか?北方四島で同じことをされ、日本はロシアへ抗議をしたはずだ。同じことをすればこうなることはわかっていただろう。

竹島問題とはかなり趣が違う。イミョンバク大統領の竹島訪問は領有権問題ありとしている日本は外交チャネルを通して、正式に抗議すべきであり、それは当然だと思う。しかし過度にやりあうべきではない。ここは正式に抗議を言い続けるだけで良い。平和的解決を図る姿勢が重要と思う。

さて尖閣諸島の領有権問題に話を移せば、実効支配している日本は領有権を盾にとり、領土問題は存在しないとして中国と話し合いを避けている段階は通り過ぎてしまった感がある。それは国有化を急いだためだ。国内の政治、経済、原発が大きな問題になっているのに。

これではわざわざ外に火種を作って、国民の目を外に向けさせようとしているのがミエミエではないか。民主党はまったく反省もなく、国民を欺こうとしている。田中真紀子文部大臣に任命したのがそういうことだろう。悪くなった日中関係修復のために大臣にしたのは間違いない。

隣国と諍いをつくっておき、国防が重要だとして、オスプレイ配備や憲法改正まで目論んでいる。マスメディアをみればどこも国防を強化すべき、米国と安全保障を緊密にしておくべきの報道ばかりだ。解散を引き伸ばし、選挙を回避したいのだろう。あわよくば原発再稼働を知らぬ間に行いたいのだ。

そうはさせない。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
見たらブログ村ボタンをポチっとお願いします。(*゚▽゚)ノ