FC2ブログ
転生したらスライムだった件を中心に、ドラクエ、エターナル・ラブ三生三世のコメント、感想など吐きます。
2012-07-07 (土) | 編集 |
平原綾香 あいたくて

新曲ですね、2012年となっています。

時には新曲もきかなあかんですよね。

この綾香さんの笑顔がなんともです。(^^)


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
ブログ村、ポチっとお願いします。(ペコ)
2012-07-07 (土) | 編集 |
しゃばけシリーズ「ひなこまち」読んでる最中でございます。今しばらくお待ちを。

1.事故調報告

昨日は原発関連、政治関連、橋下の涙などに怒髪天を突く思いでした。あまり怒ったことがない岬ですが昨日の出来事には腹に据え兼ねるものがありました。

先ずは事故調の結論が報告された内容に唖然です。福一事故の原因がなんと「人災」で片づけられたことに憤りを感じています。原発内部の破損状況をどこまで検証できたのでしょうか?あの建屋の中には線量が高くてまだ十分に人が立ち入ることができないでいます。細野大臣が立ち入ったのは一部の原子炉建屋だけです。

事故の対応に確かに不手際はあったことでしょう。官邸の必要以上の介入も現場に混乱を引き起こした一因ではあるかもしれない。手順書があってもその通りに対処しなければ宝の持ち腐れでなんにもならないです。提出された黒塗りの手順書も事故当時問題になりました。つまり事故当時でさえ、自分たちの対応の仕方を企業秘密と言い張って、隠ぺいしたのです。

今回の発表をニュース、TV報道で見る限りは原発そのものに対する危険なリスクに何一つ言及されていない印象を与えています。そこが非常に偏向的で原発の危険性を隠した卑怯な報告だと思うのです。「原発の安全神話」を維持したいのです。原発そのものには何ら問題はなかったと。津波が来ようが地震が来ようがしっかり人間様が対処してればメルトダウンのような事故は起きません、こういう印象を作りたいのです。

事故調は保安院や政府から切り離された独立機関といわれてますが原発村の意向が多分に反映された結果ということは否めません。地震で破損してしまう冷却装置の配管、津波で流されてしまう電源装置。ベントもできにくいレバーの構造。耐用年数を超えてた原子炉。既に報道されたことでさえ無かったことにしようとしています。

100歩譲って「人災」だと仮定してみましょう。残念ながら人災はもっと恐ろしいのです。地震や津波は100年単位かもしれませんが「人災」は日常起りえるのです。企業の改善活動や社員のQCサークル活動はほとんどが「人」の行動を手順化したり、同じ失敗を繰り返さないように、標準化したりすることに終始しています。

そして「人」は年とともに「入れ替え」があります。いくら標準化し手順書をつくり、訓練したからと言って、いつまでも同じ人がそこに留まることは少ないのです。留まっていても、モチベーションを維持、継続していくことは至難の業です。「人災」は「天災」より事故の確率が跳ね上がり、完全に防ぐことは無理なのです。

「人災」が起きても「安全」になるようにしなければいけないのです。ではどうすれば良いのでしょうか?「人災」が起きても、ここまでだったら許せる。そういう「発電所」を考えるべきです。

2.小沢一郎は政局の男報道

え?どこがですか?唖然!
小沢さんが離党を決断した理由は「国民と約束した公約を反故にして、デフレ不況、震災ダメージで疲弊した人々がいる中で増税を強行したことへ賛成できない」との理由です。どこが政局の人でしょうか?約束を破り、やるべきことをやらずに、財務省主導の消費税増税では怒るのも無理ないでしょう。しかもニュースの街頭質問の取り上げも増税やむなしの報道ばかりです。そんな余裕のある人は極一部です。
ほとんどの有権者は自公民の消費税増税に怒っています。その代弁者が「小沢一郎」です。どこに目をつけて報道してるのでしょうか!
ある新聞は政治家は国民の声に流されてはいけないという、なんとも恥知らずな記事を書いています。政治家は国民に選ばれた国民の代弁者ですぞ、馬鹿を言わないで頂きたい。「小沢一郎」は徹頭徹尾ぶれないで公約の実現を言い続けてきた男です。

3.橋下市長の涙

一見同情しまいがちですがどうなんでしょうね~。大飯原発再稼働反対していた人ですよ。それが政府から大臣が来て大飯の自治体に説明した途端「再稼働」やむなしです。挙句の果てに停電で死人がでたら大変だから「再稼働」は必要だとのたまう。

大阪市は関西電力の筆頭株主です。その市長が「再稼働反対」と言っていたことが、そもそも嘘だったのです。こともあろうか原発再稼働させておいて、節電容認です。なんのための「再稼働」ですか?全国にある原発再稼働させないと電気は足りないキャンペーンを支援しているのでしょうか。まったく信用できない市長です。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
ブログ村ボタンをポチっとお願いします。(^^)